So-net無料ブログ作成

2019-07-12 [PC]

ひさしぶりにデスクトップPCを開けた。
前回がいつだかは覚えていないけど、
やったことは吸気部への換気扇フィルタ取り付けだと思う。

このケース(Antec solo)は2014年にフロント以外の吸気を全部ふさいでいるから、
フィルタはフロントにしかとりつけていない。
フロント以外をふさいだのは、ファンを追加せず流速をあげて
HDDの温度を下げるため。これは実際にかなりの効果があった。


さて、換気扇フィルタは実際に効果はあったのか。
開けたのがいつか覚えていないくらい放置したから、
ホコリまみれである覚悟はしていた。


結論からいえば、ケース内のホコリは意外なほど少なかった。
明らかにフィルタなしのときより減っている。
それも、半分くらいといったシケた差ではなく、1/10とかそういうレベルで。

一方、フィルタはこんなことになっていた。

20190711_1.jpg
20190711_2.jpg

最高に汚い。
フィルタの外側になる、ケースのフロントパネル内側は大量のホコリが付着していた。
仕方ないけど、見るに堪えない。

適当に掃除して、再びフィルタをつけて戻す。
今回は少々取り付け方を変えたけれど、つけば別にどうでもいい。

20190711_3.jpg


見た目を気にしないなら、ケース外側に取り付けると交換が楽だし汚れ具合もすぐわかる。
うちは気にする必要ないような状況だけど、まあ少しはね?