So-net無料ブログ作成

2019-07-30 [修理・分解]

エアコンから水が漏れてきた。

熱狂的な私のファン(そんなのいない)の方は覚えているかもしれないけれど、
私が自室のエアコン水漏れを経験するのは、たぶんこれが3度目。

1度目は、ほぼ一夏漏れっぱなし。
2度目は、新しいエアコン導入後2年目だか3年目でお漏らし。
そして今回。


やっかいなのは、別にドレンホースは詰まっていないということ。
一番最初に水漏れを経験したときに(この時もドレンホースは詰まってない)、
ドレンホース周りは対策してあって、うちは基本的にここが詰まることはない。
上から水を流し込んでも、とくにあふれてくることはない。
これでは、垂れてくる水がどこからいらっしゃるかわからない。
それぞれのトレイはちゃんと噛んでいるし。
これはフィンを伝ってきた水をファンが巻き込んで、
絶妙な角度で内部にあたって伝ってきている…?(のちにこの予測は違っていたと判明。)

結構ガッツリばらしても原因不明なので、ばらしたまましばらく送風でまわしてみる。
内部が乾燥したあと、冷房して状況を確認。

・乾いていれば1時間前後は漏らない
・いきなりポタポタポタときて、弱くなることはない
・冷房で漏れる→一度止める→再度冷房を入れる と、またすぐ漏れる
・ドレンホースに流れ込む水がちょっと少ない気がする?
・前ドレンパンは全く詰まりなし、冷媒パイプ部分も水を大量に注いでも漏れてこない
・後ろドレンパンは不明なものの、前にまわってきてはいると思う

このあといろいろとやったものの、らちがあかないので、
ドレンパンを完全に外して水の経路を最初から最後まで確認した。
…のだけど、どうもおかしい。
漏れていると思ったところから出水がないどころか、ほとんど濡れていない。
なんだこれは…。

ただ、ドレンパンを構成する部品と、それにつく
発泡スチロールの間を水が伝ってきているのは確定。
ドレンホース付け根はたぶん問題なし。
で、水がきている元は、おそらく後ろドレンパンおよび冷媒パイプ部分パンからの
水を前ドレンパンへ流す部分から、何らかの理由で部品外側を伝っている模様。

結局、後ろから前へ排水してくる部分周りの、よくわからない位置についている
スポンジのせいで、水が部品を伝ってきているらしい。
かなり妙なところにスポンジがついている。
必要なさそうなので、これをはがして動作確認。

……あれ?
前回漏れたときもここが原因で、スポンジの下半分をむしった気がする。
本当によくわからない位置についている部品で、
本来は違うところにつけるものなのではないのだろうか。
現場での組み立て手順なんて、知りようもないけどさ。


このあと、バラックで動作確認2時間、組み立てて1時間で、今のところ水は漏れてない。

なお、今回、ニッケル水素充電池用充電器と測定器用タップ等が被災した。
どちらも動作に問題はなさそうだけど、ひやっとした。エアコンだけにね。(くだらない)

―――

エアコンの下側が壁に強く当たっているので、
壁の傷防止のため段ボールを挟んでおいた。

このエアコン、取り付け時から上側は少し壁と隙間が
あいていて、見た目のバランスが非常に悪い。
とくに21世紀になってからの、奥行きが大きい
製品なので、見た目の不安感が増している。

下側に厚みのあるものを挟むことで、少しだけこの見た目のバランスが良くなるけれど、
下から段ボールが見える挟み方をしてしまったので、結局最高にダサい。
私はそういうの、嫌いじゃないけど。