So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2019-08-18 [ものづくりと工作]

KSA1381、KSC3503あたりが必要で通販をいろいろと見ているのだけど、
片方がhFEランクDで、もう片方がEばかりでどうしたものか。
カスコード用なので別にいいっちゃいいのだけど、
どうせ買うのに揃わないのは気持ちが悪い。

あと、FJV1845とFJV992あたりを用意しておきたい感じ。
C1845とA992て、もともとNECから出ていたやつだっけ。

オンセミはBF720・BF721とか、BCP68とか、面白いのがいろいろとある。
このあたり、今度通販するときにまとめて買いたい。

―――

ヘッドホンアンプを新しく設計するに当たり、出力段を2段にするか3段にするか悩んだ。
パワーアンプはノータイムで3段確定なのだけども。

そこで、10年くらい前につくってチマチマいじった、
2段ダーリントン出力段のヘッドホンアンプを改めて測定してみることにした。
これはドライバが2SC3421・2SA1358、ファイナルが2SC5200・2SA1943という、
今の私ならやらないかなぁという感じのもの。
今ならファイナル2SC3421・2SA1358かTTC004B・TTA004Bかな。
※この前作った小出力のスピーカー用アンプがファイナル2SC5198・2SA1941、
 ドライバTTC004B・TTA004B、プリドライバ2SC2712・2SA1162。
 やっぱりこのヘッドホンアンプはちょっと無理やり感がある。

負荷と周波数を変えつつ測定していると、やはり周波数が
高く負荷が重いときは大出力で歪率が悪化してくる。
これはエミッタフォロワの入力インピーダンスが下がり、
オープンループゲインが下がって、帰還量が減ると起こるもの。
※今回はほぼすべての領域でA級動作なので、ゼロクロス歪みではない。

ただ、30Ωくらいで実用的な音量~爆音なら、
2段でもまあ何とかという感じの値だった。
すでに爆音な出力(2Vとか)でも0.005%以下だものね。
でも、使わないような大出力部分であっても、悪化しているのは気になる。

無難に三段かな。
ただし、C3421・A1358かTTC004B・TTA004Bをファイナルへ。


ちなみに、このアンプを久しぶりに聞いたらそこそこ良かった。

2019-07-31 [にっき]

エアコンはたぶん完治した。
私みたいな野良電子屋さんでも、少しは機構部品を触れないとね。

ところで、エアコンが水漏れしたというと、すぐに「ドレンホースを吸うやつ買え」と
言ってくる人がいる。それも、一人二人ではなく、何人もだ。
これ、いつからか一般流通し始めて、1000円~2000円くらいで買える。
(昔はこんなのなくて、口で吸うとか掃除機で吸うとかがおすすめされてたような…。)

こういうことを言ってくる人たちは、無責任だと思う。
実際に自分でやったことがあって治ったからすすめてきたり、
そこが原因ではなかった場合にも面倒を見てくれるなら、まだわかる。
だけど、だいたいの人はそうではなく、やったことはない・ネットで見ただけ、が多い。

そもそも、水が漏れたらまず室外に周りドレンホースを確認し、
次に室内機の外装を外し、ドレンパンの状態を見る。
はじめての水漏れではないなら、ここまでは当然のようにやるだろう。
…やらないか?いや、やると思う。
私は上から水を注いで流してみるまでやる。

これで、ドレンホース詰まりかどうかは確実に判断できる。
原因を切り分けて、つきとめて、その先に適切な処置を行うのが
修理だと思うから、修理をするならばこれは必須だと考えている。


それと、エアコン水漏れのほとんどがドレンホース周りが原因だという
ネットの情報を信じている人が多いけれど、それは本当だろうか。
「修理できた水漏れのほとんどがドレンホース周りに原因があった」であって、
原因不明で買い替えになったものも、意外とあるように思う。
壁掛け型エアコンの分解・修理は、どこの町の電気屋さんでもできるものではないし。

少なくても私のところでは、ドレンホースが詰まったことはない。
割と埃が多い環境だけど、内側はドレンパンもホースも問題ないし、
外側はホースを短めに切ってあるので大丈夫。

なお、うちはなぜか配管通す壁の穴が妙だ。
開けっ放しというわけでもなさそうなのだけど、配管ぎりぎりだし、
外側はカバーがついているため不明。
エアコンの後ろ側に隠れる場合、処理は必要ないのかな?
私は建物屋ではないので、詳しいことは知らない。…電気屋ですらなかった。

―――

友人Sが、「投票のとき、あまり面白い展開にならなかったよねぇ」と言っていた。
ブログやSNSで長文ネタになるような対応されなかったのは良いことだと思うけど、
身分証の提示を求められた等という人の話も聞くのは事実。

そこで、問題になりにくい場合と問題になりやすい場合をちょっと考えてみた。
現在の日本の選挙では、基本的に身分証明書は求められないから、
見た目や対応で本人確認できるかどうかが、その分かれ目になっていると思う。

まず問題にならないのは、名前・戸籍上の性別・見た目・声が一致している場合。
これは何の問題もない。大多数の人がこれだし。


問題になりやすい気がするのは、そのどれかにズレがある場合。

友人Sは、名前と戸籍上の性別は男、見た目と声は女。
このケースは、移行中もしくはそれに近いものだと伝われば、
ごたごたすることは少ない気がする。(もちろん、場合によるけど。)
この場合、なりすましでやるには労力がかかりすぎているから、
変な疑いはかけられにくいと思う。

逆に、MtFで最後までやっていて、名前と戸籍は女になっている人の中で、
見た目がちょっと残念で声も頑張れなかった人は、いろいろと厳しいこともあるかなと思う。
投票所の投票者情報に、過去の性別や名前は出てこないだろうから、これだと
身分証なしでの本人確認が難しく、なりすまし等を疑われる可能性がありそうだと考えられる。


で、対策。
先手を打って、身分証を出してしまうのがいいのではないかと思う。
混乱を避け、持っている権利を使うためには、これくらいしても良いと考えている。
社会通念の中で円滑に過ごすために必要なことと、差別や区別は違うから。

そもそも、選挙の投票という重要なイベントのときに、いくら投票券が自宅に
郵送されてくるとはいえ、身分証を出さずに投票できてしまうのはどうなのかな?と思う。
投票券なしで、身分証を出す方式にしたら楽でいいのに。
マイナンバーはくだらないことに使ってないで、こういうことに使うといい。



すごくどうでもいいけど、私もSだし、実家の隣もSになった。
隣はイニシャルどころか漢字も読みも同じ。
珍しくもなんともない苗字だからいいのだけど、
宅配便や郵便物の誤送はちょっと怖い。

―――

年金は、ほぼ強制的に搾取されて、年をとると支給されるシステム。

まず払った分を回収するには、支給開始からそこそこの年数は生きていなければならない。
そして、それが回収できたあと、はじめて税金から補填される分になるわけだから、
支給開始時期が遅くなったら、払った分を回収するためには従来より長生きが必要になる。

長生きさんが増えると足りなくなるのはわかっていたことだし、
平均寿命が伸びるのも頭の良い人たちには想定できたことだと思う。
(どこまで伸びるかは別として。)
こんなこともわからない人が政治家やっているなら、ちょっとまずい。

あまり払わなくてよかった層にたくさん支給して、
若い人からはとるだけとって支給額を減らしていく。
やっぱりこれはちょっとおかしなシステムだなぁ、と思う。
そもそも、現役世代が払った年金で老人をカバーするなんて、いつから言い出したのだろう。
昔は「払った分に税金足してお返ししますよ」みたいに言っていた気がするのだけど。
物価の差はともかく、積み立てしてきた人数は支給者の人数と同じなわけだし。


なんだかよくわからなくなってきたけれど、障害年金の存在はいまのところ有能だと思う。

―――

選挙前に、ネットで自民党の広告(バナー広告とか)をよく見た。
政党自体のCMは公職選挙法違反ではないはずだけど、
モラルとしてどうなんだ?という感じはすごくする。
それと、その宣伝費用はどこからくるのだろう。
政党寄付金?いやー、すごいね、いろんなアレがね…。

2019-07-30 [修理・分解]

エアコンから水が漏れてきた。

熱狂的な私のファン(そんなのいない)の方は覚えているかもしれないけれど、
私が自室のエアコン水漏れを経験するのは、たぶんこれが3度目。

1度目は、ほぼ一夏漏れっぱなし。
2度目は、新しいエアコン導入後2年目だか3年目でお漏らし。
そして今回。


やっかいなのは、別にドレンホースは詰まっていないということ。
一番最初に水漏れを経験したときに(この時もドレンホースは詰まってない)、
ドレンホース周りは対策してあって、うちは基本的にここが詰まることはない。
上から水を流し込んでも、とくにあふれてくることはない。
これでは、垂れてくる水がどこからいらっしゃるかわからない。
それぞれのトレイはちゃんと噛んでいるし。
これはフィンを伝ってきた水をファンが巻き込んで、
絶妙な角度で内部にあたって伝ってきている…?(のちにこの予測は違っていたと判明。)

結構ガッツリばらしても原因不明なので、ばらしたまましばらく送風でまわしてみる。
内部が乾燥したあと、冷房して状況を確認。

・乾いていれば1時間前後は漏らない
・いきなりポタポタポタときて、弱くなることはない
・冷房で漏れる→一度止める→再度冷房を入れる と、またすぐ漏れる
・ドレンホースに流れ込む水がちょっと少ない気がする?
・前ドレンパンは全く詰まりなし、冷媒パイプ部分も水を大量に注いでも漏れてこない
・後ろドレンパンは不明なものの、前にまわってきてはいると思う

このあといろいろとやったものの、らちがあかないので、
ドレンパンを完全に外して水の経路を最初から最後まで確認した。
…のだけど、どうもおかしい。
漏れていると思ったところから出水がないどころか、ほとんど濡れていない。
なんだこれは…。

ただ、ドレンパンを構成する部品と、それにつく
発泡スチロールの間を水が伝ってきているのは確定。
ドレンホース付け根はたぶん問題なし。
で、水がきている元は、おそらく後ろドレンパンおよび冷媒パイプ部分パンからの
水を前ドレンパンへ流す部分から、何らかの理由で部品外側を伝っている模様。

結局、後ろから前へ排水してくる部分周りの、よくわからない位置についている
スポンジのせいで、水が部品を伝ってきているらしい。
かなり妙なところにスポンジがついている。
必要なさそうなので、これをはがして動作確認。

……あれ?
前回漏れたときもここが原因で、スポンジの下半分をむしった気がする。
本当によくわからない位置についている部品で、
本来は違うところにつけるものなのではないのだろうか。
現場での組み立て手順なんて、知りようもないけどさ。


このあと、バラックで動作確認2時間、組み立てて1時間で、今のところ水は漏れてない。

なお、今回、ニッケル水素充電池用充電器と測定器用タップ等が被災した。
どちらも動作に問題はなさそうだけど、ひやっとした。エアコンだけにね。(くだらない)

―――

エアコンの下側が壁に強く当たっているので、
壁の傷防止のため段ボールを挟んでおいた。

このエアコン、取り付け時から上側は少し壁と隙間が
あいていて、見た目のバランスが非常に悪い。
とくに21世紀になってからの、奥行きが大きい
製品なので、見た目の不安感が増している。

下側に厚みのあるものを挟むことで、少しだけこの見た目のバランスが良くなるけれど、
下から段ボールが見える挟み方をしてしまったので、結局最高にダサい。
私はそういうの、嫌いじゃないけど。

2019-07-26 [にっき]

本当に、薄いアルミは熱が移動していかない。
焼けるほどではないけれど、ちょっと厳しい。

―――

7月25日のSession-22はウナギ特集だった。
ウナギの話題は定期的にやっているから、おなじみのゲストが
いるのだけど、今回は期待していた人が一人いなかった…。残念。

話を聞くと、食べないほうがいいのだろうなと思うけれど、
すでにお店に並んでしまったものに関しては、食べても廃棄されても同じ。
(これは、この番組でも言っていた。)
そうなると、食べたほうがいいかな…となってしまう。
でも、食べてしまうと需要があると判断されて翌年もまた入荷されてしまうわけで。

何とももどかしいし、人間は害しかないなと思ってしまう。

―――

大学さん、オープンキャンパスの宣伝に力入れるのはいいのだけど、
工学系がメインの大学でこれはちょっとどうかと思う。

https://www.dendai.ac.jp/2019oc_lp/fesdm.html

20190726_1.jpg

融点が360度のはんだ、なんだ?

通常の共晶はんだ(鉛はんだ)の融点は200度弱、
通常の鉛フリーはんだの融点は200度強なのだけど。
アルミットにいたっては、ウェブページに固相温度と液相温度が合金別に書いてある。
(基本的にアルミットしか使わないから、他メーカーは知らない。)

360度は、鉛フリーはんだを使うときの、はんだごての目安の温度かと。
はんだごての温度365度・一年の日数365日・体温36.5度でうまく韻でも
踏んでいれば面白いのに、こての温度と融点で間違えてる時点でがっかりだよ!


それにしても、いくらメディア系、デザイン系の人気があるからといっても、
工学部の電気・電子・機械・情報を雑に扱ってはいけない。
まあ、個人的にはよほどそれが好き・勉強したい場合を除き、
工学部になんて進学しないほうがいいと思っているけれど。
トラウマありすぎて、思い出すと禿げそうになる。

―――

来年オリンピックが開催されるという実感は薄いけれど、
オリンピックの影響で一般市民は不景気になりそうな実感は少しする。

―――

先日の選挙、どこが勝った負けたはまあいいとして(よくはない)、
投票率の低さはなぜあまり問題にされないのだろう。

特定の党が勝ちそうだから投票行かなくてもいいや、という人もいるようだけど、
それは消極的な選択方法であって、「ぜひ投票したい!」とは違うと思う。

投票率が低い中で大勝利したって、それは選挙で勝利しただけで
積極的に支持されているのとは少し違うから、そんな勝利を喜ぶのはやっぱり違うかな、と。
投票率が低いのは、投票に興味がないとか忙しいとか、そういう事情ばかりではないと思う。
投票したくなる政党や候補が増えたら、少し流れ変わるんじゃないかな。
テレビがそういうの流さないだろうけど…。

一票が何かを変えるなんて思ってないし、結果が見えている選挙もある。
ただ、投票率が低いのに勝利を喜んでいる政治家がなんとなく気持ち悪いと思っただけ。

―――

年金のマクロ経済スライドが許されるなら、支給額をGDP:支払額や人口などに
連動させるのも許されるだろうから、現在の支給額見直しからしたらいいのに、と思う。

支給されている・もうすぐ支給される人数は多いから、
未来で何かするよりいま少しずつ減らしたほうが、絶大な効果がアルヨ。
支給開始時期を遅らせる強引な手は繰り出してきたけど、
この勢いなら、そのうち支給開始時期が90歳からとかになるんじゃない?
そして、ほとんど誰ももらえなくなった。 END

2019-07-22 [にっき]

ちょっとだけ、新しい関数電卓がほしい。
ずっとシャープだからどうしようかなぁ、と。

古いの(EL-5060とEL-509F)も壊れてなくてまだ使えているから、
すぐに必要というわけでもないのだけども。
EL-5060の蓋は10年くらい前に割れたから、蓋だけほしい感じはある。
ただ、持ち出すとき以外は蓋開けっぱなしだから、問題は薄い。

―――

フルーツバスケットのアニメ(2019年版)、絵がずいぶん現代風に
なっているのに、ちゃんと雰囲気が残っていてとても良い。

アニメ化やリメイクというのは、こうでないと!

―――

製品に対して相談されて、そこに対して詳細なアドバイスするって、
実はコンサルというやつじゃないのか?!と、薄々気づく。
利益に貢献していたり、満足度が上がっているはずなのに、
1円も払われないこと多かったけど。

簡単なコンサル・解析・設計・調整みたいなことする場面は
今もたまーにあるけれど、基本的にはもう個人でしか受けていない。
そして、ちゃんと技術料を請求することにしている。
技術の値段は、その技術がわかる人にしか決められないもの。
それを習得するのに、どれだけ時間かかるか体験している(一生その途中にいる)し、
頭のいい人もたくさん見てきて、その人たちでもどれくらい時間がかかるか知っているから。

こういう技術の値段は、時代が変わっても基本的には下がらないと思う。
(技術者の数によって値段は少し変わるかもしれないけれど、価値自体は下がらない。)
質は値段に直結するから、どのレベルのことがしたくて、
いくら出せるのかは、十分に検討する必要がある。



音楽再生用のアンプを忠実度の高い音ではなく、誰かの好みの音に仕上げる場合、
一番手っ取り早いのは、最低でも仕上がり特性と設計思想を指定してもらえるとき。
それがわからないなら、何度かトライしたうえで、まず数字をベースにした調整をしていく。

好みの音というのは特性が悪い方向も場合もあるから面倒なのと、
どこまででもやれるから莫大な時間とコストがかかる。


特性と聞こえ方の関連性は、オーディオやっている人でも
意外なほど認識が間違っている人が多い。
感覚と理論が複雑に混ざっている世界だから、難しいよネ。
そんな世界で何かするなら、せめて数字と詳細な言葉での表現は必要だと思う。

―――

I.WORKSさんが好きで、たまに見ている。
ヤフージオシティーズとともに消えてしまった、中の人の個人HPも好きだった。

こういう技術者さんは大好き。

―――

7月21日の選挙で、友人S(性同一のアレ・MtF)が投票所で投票券を出したところ、
向こうのお姉さんが本人ではないと思ったようで混乱していた。
投票権を渡すときに「お願いします」と言って、声でひと押ししたうえで、
混乱しているところにその声で「本人ですよー大丈夫ですよー」と畳みかけていくスタイル。
声が変えられることを知らない人は多いからね。とても良いと思う。最高にcool。

少し混んでいたことと、テンパっているところに畳みかけたので、
本人確認らしいものはなく、「(フルネーム)さんですね」で終わっていた。
ただ、他の人にも聞こえる場で、長男ネームを呼ぶのはどうかと思う。
周りにいる人によっては(友人Sの生活圏にいる、悪意のある第三者とかだったら)
大問題になるから、音声以外の、他人には確認できない方式にしたほうが好ましいのでは?
これは友人Sに限らず、すべての人でそうしたほうが良いと思う。

友人Sや私は「名前なんて記号だから割とどうでもいい」と考えているけれど、
本人がどうでもいいのと、周りがどう思うかはまた違う話。
そのため、友人Sは普段ほとんど通称名を使っている。

2019-07-22 [ものづくりと工作]

20190718_1.jpg

この差動+エミッタ接地+2段エミッタフォロワのアンプの雑音は
なかなか小さくて、信号源インピーダンス(公称600Ω)の影響を受けている気がする。
もやもやするから、計算してみよう。

1Vで0.0018%くらいなので、この帯域幅での出力雑音は18uV。
入力換算値にするには、利得の11で割って約1.6uV。
帯域幅の平方根で除して約5.8nV/√Hz。

これを抵抗値に換算すると約2kΩ(2021Ωくらい。)
信号源の公称600Ωを引いて約1.4kΩ(1421Ωくらい。)

これは約4.9nV/√Hzになるはず。


定数的にはもう少し減らせる気もするけれど、こんなもんかな?
回路内の抵抗だけで簡易計算するともう少し少なくなるものの、
実際は半導体の分もあるから、盛大にズレているわけではなかった。

入力抵抗は220Ω、フィードバックは1kΩと100Ωで11倍なので、
回路単体で見たらもう少し減るハズ。

OPA1642が5.1nV/√Hz、OPA134が8nV/√Hzであることを考えると、
そんなに複雑な構造にしなかった割には良い線いっているとも思う。



ちなみにこれ、補償用のコンデンサはセラミック。抵抗は厚膜。
基板を専用につくりなおして、コンデンサはマイカに、
抵抗は金属皮膜か薄膜に変えたいところ。安い薄膜チップはないものか…。
リードの金属皮膜はたくさん持っているけれど、基板が大きくなりがちであまり嬉しくない。
まあ、リードのほうが強そうに見えるから、リード用で設計してもいいけれども。

あとはトランジスタをどうするか…。(コレクタ損失的なアレ。)
こっちも、できればチップがいいのだけども。

―――

パワーアンプVer.は、ケースがペラペラ(タカチのYMシリーズ)すぎて放熱がかなり厳しい。
ケース底面にトランジスタをねじどめして放熱しているのだけど、薄い金属は
熱が伝わりにくいから、トランジスタ周りだけ熱くて、一番遠いところは少しぬるい程度。
数ミリ厚の銅板やアルミ板を取り付けておけば、全体的に放熱してくれるように
なるとは思うのだけど、とりあえずアイドリング電流を減らしてごまかすことに。

温度補償らしきものはしているのだけど、放熱量が少なすぎて
平衡する温度が高いから、ちょっと良くない。

昔から大きなヒートシンクが好きで無駄に大きなのをつけることが多かったから、
ペラ板がこんなに熱たまるという印象はあまりなかったなぁ。
板厚が少し増えるだけでずいぶん違うのに。

2019-07-21 [ものづくりと工作]

原点に立ち返って、また差動アンプをやっている。

どちらも少し前の値だけど、置いておこう。

これはスピーカー用アンプ。
21倍・8オーム負荷。
電源電圧が低いのと、アイドリングが少ないけれど、まあいいんでねーかな。
20190721_2.jpg


こっちは差動+エミッタフォロワでバッファも弱いもの。11倍・無負荷。
20190718_1.jpg

G=+1換算で0.00008%を切っているので、まずまず。

2019-07-12 [PC]

ひさしぶりにデスクトップPCを開けた。
前回がいつだかは覚えていないけど、
やったことは吸気部への換気扇フィルタ取り付けだと思う。

このケース(Antec solo)は2014年にフロント以外の吸気を全部ふさいでいるから、
フィルタはフロントにしかとりつけていない。
フロント以外をふさいだのは、ファンを追加せず流速をあげて
HDDの温度を下げるため。これは実際にかなりの効果があった。


さて、換気扇フィルタは実際に効果はあったのか。
開けたのがいつか覚えていないくらい放置したから、
ホコリまみれである覚悟はしていた。


結論からいえば、ケース内のホコリは意外なほど少なかった。
明らかにフィルタなしのときより減っている。
それも、半分くらいといったシケた差ではなく、1/10とかそういうレベルで。

一方、フィルタはこんなことになっていた。

20190711_1.jpg
20190711_2.jpg

最高に汚い。
フィルタの外側になる、ケースのフロントパネル内側は大量のホコリが付着していた。
仕方ないけど、見るに堪えない。

適当に掃除して、再びフィルタをつけて戻す。
今回は少々取り付け方を変えたけれど、つけば別にどうでもいい。

20190711_3.jpg


見た目を気にしないなら、ケース外側に取り付けると交換が楽だし汚れ具合もすぐわかる。
うちは気にする必要ないような状況だけど、まあ少しはね?

2019-07-04 [にっき]

「部品が欠品していたから送ってくれ→送るから連絡先を教えて→ここによろしく」という
やり取りを月曜日にしたのだけど、住所を送付したメールに対する返信がない。
確認せずいきなり送ってくる場合もあるから、今週いっぱいは待つ。

急ぎで使うものではないけれど、できれば早く使いたいから可能な限り早く届いてほしい。

→その週のうちに到着。ありがとう

―――

数年以内に、社長()になるかもしれない。
まだどうなるかはわからないけれど、そうなった場合、この時代では間違いなく苦労する。
社長より、石油王になりたかった…。

個人的に何か用がある人は、早めにどうぞ。

―――

このまえ、実験用に組んであった電源回路の基板をいじりたくっていたら、
電極が爪タイプの大型コンデンサを取り付けるスルーホールの一部がすっぽ抜けた。
何度も取り外しするものではないものを度々外したから仕方ないのだけど、
見て見ぬふりをして再組み立てしたらやはりそのコンデンサとは導通がなかった。
もちろん、その状態で電源を入れると電源に盛大なリップルが出た。

そのままアンプの特性を見ると、比較的リップルに強い回路ではあるものの、
電圧が落ちすぎる部分があるので、とてもまともな特性は出ない。

部品も、新しい基板もあるから組み直したけど、普段オシロも使わない人たちは、
こういうのをどうやって確認しているのだろう?と疑問に思った一件だった。

―――

AWG18かAWG16くらいの線をそのうち買っておかないといけない。
もっとずっと太い電線でもいいけども。
いま、太い線はVVFとVCTしか手もとにない。
5.5mm^2が取り付けられる基板に…はさすがにしない。

昔3色300m買ったAWG22は、まだある。

2019-06-24 [修理・分解]

アキュフェーズ(Accuphase)のC-290のカタログを見ていたら、妙な違和感があった。

https://www.accuphase.co.jp/cat/c-290.pdf
(ブラウザのURL欄にコピペしてね!)

このカタログの最後のページ、グラフが4枚あるうちの左下のものと、
その左のS/Nの表、最大出力レベルが、どうにも合わないような気がした。


そこで検証。
歪みが妙に低いけれど、このグラフの縦軸はよーく見ると
「 Total Harmonic Distortion in % 」になっているから、入力換算値なのだと思う。
そしてこれはグラフの形状から、THD+Nだと思う。
※THD+Nの入力換算値という表現は気持ち悪いので、
 この先は1倍換算値と書くことにする。

左側の表にある入力換算雑音を帯域幅と利得でゴニョゴニョして算出した値と、グラフの値に
利得かけてから求めた雑音がほぼ一致することからも、1倍換算値なのは間違いないと思う。
ただし、測定時の帯域幅がわからないため、算出した値は少し誤差があった。
(A補正も相当する帯域幅で計算しただけだから、仕方ない。)


ここで、新たな疑問が発生する。
左側に、 最大出力レベル(ひずみ率0.005% 20~20,000kHz) と書いてある。
これは、「20~20kHzのひずみ率が0.005%以下におさまる
最大出力は8.0Vですよ(8.0Vを超えるとそれより大きくなってしまうよ)」ということのはず。
この部分はどこにも入力換算値と書いていないから、
ニュースサイトなどでもただ出力最大レベル(0.005%以下略) と書かれているし。

このアンプは、アンバランス入力→アンバランス出力は18dBらしいので、約8倍。
8倍で出力の歪みを0.005%以下とするには、
入力換算…というか1倍換算で0.0006%くらいになる。
しかし、20kHz・8V出力時の値はグラフからは0.0025%位に見える。
(ここは右上がりなので、グラフがTHD+Nであったとしても歪み成分が主体。)

0.0025%を8倍すると0.02%。
いくら20kHzとはいえ、プリでこれは大きすぎるような。
パワーと違い、A級動作なのではないのか。
でも、等価回路みたいなのを見ると、こうなるのもわかる気はする。
グラフのカーブも、計算してみた値でも、これであっていると思う。
もし間違っていたら指摘してほしいので、回路屋さんは再計算してもらえると助かる。

ちなみに、グラフで20kHz0.0006%なのは4Vのちょっと手前くらいなので、
20kHzで出力0.005%を達成するならば、3.5V出力くらいまでということになる。
26dBあるパワーアンプと組み合わせるなら、
一般家庭ではそんなに出力しないだろうけどさ。



なお、パワーアンプでも同じような図が載っているものは計算で出力の値が出る。
(確認したものはすべてinとついているので、換算値だと思う。)
純A級・8Ω負荷・たった2W出力で20kHzが0.07%を超えてしまうものもあった。

いろいろあって、ここの技術力は言うほど高くないと思っていたけれど、なんだろうなぁこれ。
簡略回路図を見ても特性を見ても、高い周波数の特性は重視していないのはわかる。

―――

「この特性ならあの高域の質感はしかたないよねー」と
知人と話せるのは、最高に楽しいデスネ。
(低域の質感は、また別の理由がある。)
前の10件 | -