So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-03-06 [にっき]

アンプを梱包するためにダンボールを切っていたら、親指も切った。
最後まで私から何かを持っていくのか…。 ※ただの、自分の不注意。

右手に持ったカッターに思いっきり左手をぶつけて切ったので、結構深く切れたらしい。
絆創膏2枚貼っているのに、2枚目の絆創膏に血が染みてきた。
親指の第一関節と第二関節の間(の手の甲側)で、
指を曲げれば引っ張られる位置というのも良くないようだ。ちょっと痛い。


でも、これで大きな制作物はだいたい私のところから脱出させられたかな。

―――

・機械や道具をつくるなら、まず必要なのは技術

なぜかオーディオ機器をつくる人たちは、耳が良ければ
なんとかなると思っている場合が多くてよくわからない。

耳の良さ・感性の豊かさは、評価をする上でプラスになることはあっても、「何を変えたら
どうなるか」「どうなっているから悪いのか」がわからなければ改善しようがないわけで。
結局、技術・知識がなければ自分のわかる範囲のいじり方をして、
その中で落とし所を見つけるしかない。

たとえば…「スピーカーやヘッドホンの振動板を軽くて丈夫にしたら理想に近づく」
までしか知識がない人では、振動板を変更するところまでしかできない。
だけど、空気の流れや、マグネットやフレームにかかる力が見えている人なら、
そこまで対策できる。その対策の方法だって、機械をかじった人と
純粋な電子屋さんでは同じ形にはならないし。知識は多いほうがいい。


そもそも、「楽器○年やっている」「PAに関わっている」(から耳がいい)と
言って喧嘩売ってくる人は、なぜそれをやっているのがあなただけだと思っているのかと。
しかも、そういう人に限ってやっている年数が短かったり、詳しくなかったりするし。
まあ、私も楽器触らなくなってずいぶん経つけれども。
昔触っていたような楽器を今触ったら、楽器の性能の低さと
自分の性能の低さにがっかりするだろうな。

―――

音楽ファイルの圧縮の仕組みの話をしているときに、固定ビットレートと
可変ビットレートの話をいきなり入れてくる人は何もわかっていないんだなぁ。

それは時間当たりのデータの量であって圧縮の仕組みとはあまり関係ないし、
可逆圧縮が基本的に可変ビットレートなのはその仕組み上当然のこと。
これくらいは、デジタルやらなくても少し工学に触れた事がある人なら
知っているはずのことだと思ふ。


あと、勘違いしている人が多いのだけど、可逆圧縮はデジタルデータが
元の形に戻るだけで、それをDA変換した時にどうなるかはまた別の話。
非圧縮と比べて計算量が増えるから消費電力は増えるし、
それによって電源の雑音等が増えることも十分に考えられるわけで。
人間が知覚できる範囲か・現代の測定器で正確に観察できるかはともかく、
アナログ出力は変わっても不思議ではないと考えるのが自然かと。

※脳にデジタルデータを直接入力できる人のことは考慮していません。

2017-03-05 [にっき]

https://www.youtube.com/watch?v=igGD43jlDbo

こんなにしっかり語ってくれる人なんていないのに、
メーカーの人がこういうのを嫌がるのは不思議。(自動車に限らずね。)
そんなんだから、日本の工業製品はダメなのだろう。

それにしても、いくらなんでもこのFREEDのステップ部分はひどすぎるような。
水野さんはまだ元気だからいいけれど、もっと年寄りが同じように転んだら腕を
折るかもしれないし、足(靴)が小さい子供がここに足を引っかけたら…と考えると恐ろしい。
また、これはボディが水色で、しかも昼間だから隙間が見えているだけで、
暗い時間帯に、暗い色のボディだったら、もっと見えにくいかもしれない。


私は水野さん好きだし、ちゃんと理論的に問題点を指摘してくれる人は最も良い
人種だと思っているので全く嫌悪感はないのだけど、苦手な人は苦手だろうなぁこれ。
そういう思考停止している人、かなり多いか。そういう人は害しかないから滅びないかな。

2017-02-26 [にっき]

適当なブリスターパッケージの透明部分を切って、MMCXのスペーサーを制作。
20170226_1.JPG

どうせ隠れるからきれいな円にする必要はない。ハサミで適当に切った。
これでコネクタが傾きにくくなるので、接触不良は減るかと。
ただし、コネクタをかなり押し込まないとはまらなくなる。
ちゃんとはまっていない状態だと簡単に外れる。
柔らかい材料…たとえばゴムシートのようなものを使えば
その心配は減るけれど、コネクタが回転するメリットは減りそう。

私はイヤホン・ヘッドホンでMMCXコネクタ使うのは嫌いだから
積極的に買うことはなかったのだけど、くるくるまわるから便利っちゃ便利よね。
しかし、これを選ぶ理由はいまでも見つからない。耐久性と接触に問題がありすぎて。


この手のコネクタを使用するメリットとしてあげられることの多い、
「ケーブルが着脱式だとケーブル交換できるし元にも戻せる」というのは、私は同意しかねる。
ハウジング開ければだいたいなんでも交換できるし、
元に戻せるかはあまり考慮しなくていいのではないかと。
(戻すならはじめからやらなければいいorもう一台買えばいい)
ネックになるのは保証だけかな。
だけど、着脱式でも純正以外のコネクタを刺した時点で本来は保証対象外になるはず。
確認が難しいから問題にならないだけで、何を刺しても良いわけではないと思う。

―――

某半導体メーカーに連れていってもらえるとかいう話があった気が
するのだけど、あれはどうなったのでしょうか。>某所

私、結構楽しみにしていたのに。

―――

秋月で売っている1608のチップのセラミックコンデンサ、
小さい容量のものの温度特性はCHらしく。(大きいのは調べてないから知らない)
CHは高誘電体では「ない」し、補償用に問題なく使えそうだ。
先日秋葉原に行った時に、とりあえず1パッケージ40個は買ってみたけれど、
あとから調べたらとても良さげなので大正解だった。
それにしても、雨の日に秋葉原に行くと紙袋がシナシナになって良くない。
(実際は到着後に降られて、帰りにやんだ最悪のパターン。)

PCBへの実装係は確保できても、遊ぶなら部品探しと設計はしなきゃいけないから、
たまに部品屋を見たりデータシート見たりはしているヨ。

―――

二度とタカチのカスタム製品の窓口には問い合わせない。

―――

Podea-01というレーザー加工機が結構良いなぁと思ったのだけど、透明アクリルは
掘り込みも入れられないっぽいのとdxfファイルに対応してないっぽいらしく。
デザインや対応ファイル見ると、どちらかというとクリエイター向けかな?

この機種は全部揃っているしサポートも日本語でとても良いと思う。
しかし、中華系に行けばいいかな?と思ってしまう部分もあって惜しい。


こんな感じで、安いNCフライスもあればいいのに。
Z軸がいるのと、エンドミル用にパワーのあるモーターがいるのと、
全体の剛性が必要だけど、フライス自体は中華系で安く売っているからなぁ。

―――

エンジニアの求人だと「やりがいがあります」「アットホームな職場です」は
地雷だから釣られる人は少ないと思う。
だけど、「設計から量産まで関われます」に釣られる人は結構いそうだなぁ。と。

今の時代、小物のプロトタイピングなら個人でもできるから、量産以外の部分は
金と時間があれば趣味としてもやれるのに、なんでそれを売り文句にできるの?と思う。
ろくに権限もないのに全部に関われる(見れる)と、悩みだけ増える。
それなら自分のセクション以外は見なくて済むほうが楽でいい。
今の日本で主流なやり方では、可能であれば何の製品にかかわったかも知りたくないね。

…もしかして、自分で何もできない人がそういう求人に行くのかな?

2017-02-22 [にっき]

前の記事で書いたHFI-680、接着剤はもう完全に硬化したと思う。

バッフルの振動に起因する付帯音や、それで打ち消される音は、
ほぼ同形のハウジングを持つEdition9よりも少ないと私は感じる。
まあ、Edition9は個体差が妙に大きいヘッドホンだから、よくわからないけれど。
あくまでも私の個体という話。ただ、構造に原因がある付帯音はドライバの
直接音と少し違うんで、ドライバに個体差があっても出る機種は出る。

とはいえ、Edition9に同じ加工はできない。する理由もない。
これは、たぶんこの構造の中で最良を目指したもので、
ドライバの周りを理想的な状態に近づけると音は崩れるだけだと思う。
また、ドライバを後ろからどれくらいの強さで押していいのかもわからない。
どれくらいの強さで押していいかわからないのはHFI-680も同じだけど。


このメーカーに限らず、安い機種と高い機種で同じドライバを使ってもいいから、
バッフルとハウジングはちゃんと設計してほしい。
振動板をコーティングしたり、電線を変えたり、磁石を強力にして
ごまかすよりも、はるかに効果があるし。
ドライバも、良いに越したことはないけどね。



もし振動板の剛性が低かったら、押し出す力の一部は振動板が変形することで吸収
されるので、昔のスピーカはフレームの剛性が少し低くても音のバランス取れたのでは?

なんてことを、ふと思った。
これは最良の設計ではなくて落としどころがありそうだという話だから数字で
出せるものではないけれど、それっぽくなるフレームと振動板のバランスはありそう。

…これってつまり、昔のスピーカーのことだよねぇ。



この680をいじったときに、突っ張り棒を0.5mm大きく削った状態で現物合わせを
したはずなのに思ったより部品が浮かず、かなり良い感じだった理由を考えていたら……

測定に使った道具の厚さ約0.5mmを必要な寸法から引き忘れていた!


あと0.2mm削ってから取り付けていたら、たぶん足りなかった。
最後は現物あわせしたから、よほどボケてないと作り直しになるだけなのだけども。
切り出した材料の長さをそろえるため、ノギスで測りながら1.5mmも削るのは
結構面倒だったのでミスで作り直しは勘弁。

そうそう、これ接着剤硬化前にハウジング閉じたから、片側は少しずれてしまっていた。
(開けて確認した。)
誤差で済む程度だからつけなおしたりはしていないけれど、
5分で硬化するのだからそれくらいはちゃんと待とう。

―――

側面がベコベコにへこんだプリウスがGSの洗車機に並んでいて、
まあ機械の使い方なんて普通はこんなもんだよねーと思ったりした。

この人はたぶん金を出して買っている側だからまだいい。
平気で他人のものを蹴っ飛ばしたりする年寄りもいるし、
売る側がふざけたことしている場合も多いからなぁ。
法律すら守れない奴も多いし。

―――

言ったことに責任持てない人と、自分が一番偉い・正しいと思っている人が
多すぎてやってられないので、この辺で終了したい。

2017-02-19 [にっき]

昨日は祖母の命日でして。

私には長すぎた。

―――

Elecrowの4層基板、いつから内層も35umになったのだろう。
前に注文した時は17umだか18umだったと思うのだけども。

あと、送料が安くなっている気がする。
2ozが発注可能になっているのと、かなり怪しい日本語で
表示できるようになっているのは知っていた。

―――

基板がケース内でフローティングしているなどと宣伝しているポータブルヘッドホンアンプを
試聴した時に、ケースを置いたり持ち上げたりしてみた。

…音、(私の耳では)変わるように聞こえるけどねぇ。
それが悪いという気はないし、そういうのは過去にも触れているけれど、
基板をばね上の構造物で浮かせるメリットがいまいちわからない。
しかも入出力ジャックがケースから突き出しているから、可動範囲は制限されているわけで。
低いテンションでばねが押し付けられているだけで、そこにフローティングというメリットはあまりないように思う。
(ただし、音を調整したいということなら意味はあるかもしれない。)

それよりも基板とケースの剛性を任意の方向に持っていくほうが、
少ない労力で最大の結果が得られそうな気がするけれども。
特定の個所の剛性を落とす+ねじどめ個所を増やす(省略

2017-02-15 [にっき]

ずいぶん前に貼ったこれを読み返して、やっぱり水野さん好きだなぁと思う。
20151012-1.JPG
20151012-2.JPG
20151012-3.JPG
20151012-4.JPG

こういうおっさんって、もうほとんどいないよねぇ…。

―――

東芝がとても面白い身の振り方をしてきて、
「やっぱり日本の工業はもうダメじゃん」と改めて思う。

あの東芝が原発の新規建設に関しては後ろ向きな姿勢を示したあたり、
本気で手遅れなんだろうなぁ。それにしたって、医療機器部門を売って、
今度はメモリー部門も手放すって、いよいよ手遅れだぞい。

2017-01-05 [にっき]

1月1日になった直後に更新するとでも思ったか!(新年の挨拶)
主にストレスが原因で、どうも調子がよくないこの頃。
まあ、もうやることもないからどうでもいいっちゃどうでもいい。


昨年末のC91は1日目だけ行った。会場で頒布されていたアンプ製作本を
いくつか読ませてもらったのだけど、やはりピンキリだなぁ。
ほとんど書籍からの引用みたいな内容で、シミュレータだけでこねて、
しかも動かないのはさすがにどうかと思うんだ。なにも検証できていないような。

もちろん、良い頒布物もたくさんあったけれどね。

―――

昨年末に、一部だけ抵抗をはんだづけしたPCB(PHPAの新しいやつ)が出てきた。

よーく考えると、途中まで組み立てて放置したのがあった気はする。
特に注文も入っていないからそのままにしたような。
組んでおくと私の実験用になるから危ないのだよな。

使い切っても同じPCBの再注文はしないと思うので、ディスコンかな。

2016-12-23 [にっき]

空きメモリがこんなに少ないのは久しぶりに見た気がする。
20161222_1.jpg

XPと違ってこれでも動くけれど、作業のキリがいいところで再起動してきたほうが楽。

―――

少し前に雑誌の記事を書かせてもらったけれど、あんなの書いたところで
何か変わるわけでもなさそうで、やっぱりxxxxらしいなぁ。と思ってしまう。

ただ、貴重な経験ができたことにはとても感謝している。


私より面白いものが書ける自信のある人(雑誌は娯楽用の読みものなので、
ある程度面白くないといけないらしい)、機会があれば出版社にご紹介するヨ。
過去に、私にわけわからん絡み方してきた人などは、ちょうどいいよね!
※そうとうストレスが溜まっているため毒を吐いています。仕方ない。

―――

もう一度くらい友人のサークルの宣伝しておこう。

・C91(今度の冬コミ) 12月29日木曜日 西"む" 40a サークル名「空想電機」

出すのはオーディオ系のコピー誌だと。
内容は真空管を使った新しい回路の提案と、
別の人が安価・短期間で高性能な自作スピーカーの話。
私もバイポーラ入力の増幅器をいじった話をちょっと書かせてもらった。
サークルスペースにもぼちぼちいると思う。

私の部分は、理論値計算しているもののあえて書かなかったから、
文章としては割と読みやすいと思う。数字が苦手な人がサクッと読めるように、
数字大好きな人は電卓叩きながら計算できるように、という感じ。
必要な値は文中にだいたい書いてあるから、データシート見なくても計算できるはず。

個人的に、過去に制作したPCBを持っていくと思うので、興味がある人は
サークルスペースで「オペアンプの話書いた人いる?」と声をかけてもらえれば。
私は普段、基本的にPCB単体を人に見せる・渡すことはしていないから、珍しいと思う。
これはPCBの設計や部品選びなど、あらゆる要素の合計で性能が決まるからPCBだけ
あっても意味はないと考えているからだけど、ほら、同人イベントだからちょっとは、ね?


私がこのジャンルでサークル側で参加するのは
今回が最初で最後かな?いや、わからんけど。
次に参加することがあれば、自分のサークルで、
ぜんぜん違うジャンルで参加かなぁ、と。アニメ(その他)か何か。
まあ、次回まで生きていれば…。たぶん夏は行かないから、また来年。

あとは、東7・8がどうなっているのか気になるところ。見るだけ見に行きましょう。
今回は珍しく二日目・三日目に用があったのだけど、行かない(行けない)のが残念だ。
私が2日間以上コミケに行きたいと思うのは極めて珍しい。

―――

12月24日は萩原雪歩さんのお誕生日ですが、
何かする時間はないので穴掘って埋まってますぅ。

―――

2016-12-12 [にっき]

暇つぶし(時間調整)と、聖地巡礼と、思い出を振り返る何か。


スタート:早朝の新宿
20161211_1.jpg
ついにJRにも、交通系ICカードを置くだけでチャージできる券売機がきたらしい。

お茶の水。
20161211_2.jpg

20161211_3.jpg

絶賛工事中の聖橋。
20161211_4.jpg

だいじょうブイ
20161211_5.jpg

20161211_6.jpg

電光掲示板みたいなやつ、消しとけばいいのに…。
20161211_7.jpg

階段その1。
20161211_8.jpg

下から。
20161211_9.jpg

このときの時間、6時過ぎ。
20161211_10.jpg

階段その2。実盛坂というらしい。坂…?
20161211_11.jpg

20161211_12.jpg

階段その3。これは有名なやつ。
20161211_13.jpg

20161211_14.jpg

20161211_15.jpg

20161211_16.jpg

20161211_17.jpg

万世橋の上から。
20161211_18.jpg

この辺は思い出が多すぎて、写真が傾いた。
20161211_19.jpg

20161211_20.jpg

20161211_21.jpg

20161211_22.jpg

自転車と歩行者たまに事故ってるよなぁ。
20161211_23.jpg


おまけ。
20161211_24.jpg
20161211_25.jpg


このあと、膝の調子が極めて悪くなった。
もう駄目ダナ。

2016-12-08 [にっき]

少し前に回路をいじっていたら、以前制作したものの問題点も同時に発見してしまった。
動くのは動く。しかし、特性が落ちるようで。

修正したいけれど、もう面倒だなぁ。と。

―――

LM4562・LME49720・LME49860を測って、計算して他所様のデータと
だいたい条件そろえて比較したら値が近いのは最高に気持ちが良い。
ただ、値が揃うのはこの辺くらいまでで、OPA1612になると使い方次第な気がする。
まあ、49720も使い方次第だけど。

―――

やはり私の歪率計の信号出力にはカップリングコンデンサが入っていない気がするアレ。
測定する回路にバイアス抵抗入れ忘れていても出力がはりつかないので、
そのまま他の回路も条件を合わせてデータを取ってしまった。

それより値が0.01%レンジを境に少しずれるのを調整するなりしないとまずい。
まあ、記念に書くものもデータとり終わったし、もう必要なさそうだけども。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。