So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-05-16 [にっき]

夢も志も感じられない製品が売れるわけないし、
そんな業界を目指すまともな人も現れないわ。(流行っているときは除く)

いいかげんにしろ、と。

―――

ものづくりで、最後まで嫌な思いをさせられるとは思わなかったナ。
+1年は完全に無駄だった。

やはり、ものづくりも人生もやめるなら早いほうがいいのではないかと。
嫌な思い出が少なくて済む分、たぶん楽だ。
私の祖母みたいに80年以上生きてから自殺したら、考えること多すぎると思う。


時間と気持ちは帰ってこないから、自分で選択して
妥協のいく形にしておかないと駄目だと思うよ、うん。

2017-05-11 [にっき]

報道が、景気回復傾向が続いているだのとのたまっておられるけれど、
景気動向指数から中小企業出荷指数(製造業)が外れてるらしく。

ソースはこの辺。
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kibobetu/index.htm
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/kobetu_gaiyou.html

これで景気回復?好景気?
数字だけ見ればそうだろうけれど、これはちょっとなぁ。

―――

ヘッドバンドの中の電線を白い絶縁体のものから黄の絶縁体のものに
交換したら、音も少し明るくなりました。v^^v

…まあ、これはほぼ冗談だけども色によって使う材料が違うから、
厳密にみると物理特性は変わると思っている。

ただ、電線の材料以前に、電線の取り回しが変われば音も変化する可能性はあるわけで。
触れている位置が変わるだけで、全体の共振周波数も、振動する位置も変わるし。
いじるたびに、やはり両出しorきっちり固定してある状態が理想だと思う。
(フローティングが悪と言っているのではなく、触れたり触れなかったりを
 避けたほうが良いだろうという意味)

もちろん、物理的な特性のことと、それを人間が知覚できるかは
まったく別の話なので、どうぞ混同しないよう。
知覚できなければ対策しなくても良いという主張はコストとの兼ね合いもあるから割と
同意するけれど、知覚できないのが特定の個体なのか、全員なのかは見極める必要がある。
耳にも感性にもかなりの個体差があるので。
―――

やはり電子機器はつくった人の癖が出る。
たとえば同じようなオーディオアンプ作っても、
音の抜け方や分離なんかが全然変わってしまうし。

細かく調べていくとその理由っぽい部分はいくつも見つかるけれど、
たぶんそれを事細かに伝えても・伝えてもらっても再現はできないんだろうな。と。
上辺だけ拾って同じものができるほど簡単ではない。
無理に真似ても、どこかにしわ寄せがくるし。

だからこそ、面白いのだと思う。
そこにできもしない奴が土足で踏み込んできて、
一方的に否定だけされたら、そりゃ冷めるわな。


と、友人のアンプを聞かせてもらって再認識した。
どんなに突き詰めても同じものはできないだろう、といういつもの結論。
これは、昔の偉いセンセも言っているのよな。突き詰めた先に個性が出る、と。
個性というのは本来そういうもので、ろくに知識もないのに
余計なことをするものではないと思う。

ま、廃業中の私には関係ないのだけども。

―――

・電球を青く塗って白く見えるようにするとか、もう古の技術だよなぁ。

・最後にちょっと良い夢が見れそうだったけれど、それもなくなったし、どうしたものか。

2017-05-04 [にっき]

知人のポータブルヘッドホンアンプを聞かせてもらったら、入力ジャックと
ボリュームノブの位置が近く、ボリュームノブでプラグ持ち手の塗装が削られた。

もしプラグがまっすぐ刺さるジャックor誤差が上下方向に出るジャックなら、もしかすると
ぎりぎり避けられたかもしれないけれど、その精度に依存するのもちょっとね。
…そんなに太いプラグ使っていないのに擦ったので、大体何でも削られる時点で
やっぱり構造的な問題か。

―――

ミリシタの事前登録が始まったようで。
ミリオンライブはいいぞ。

私は端末がなぁ。
ミリオンライブはいいぞ。

―――

逆chの音を追加してクロスフェード的なことをした音楽再生装置が苦手。
(ドライバ追加などのハード的対策でも、ソフト的対策でも)

それで定位が自然に感じられる人は、音の出ている位置の聞き分けが苦手なだけでは?
完璧に自然な音と同じ位置・位相差で音が出るなら脳がだまされるだろうけれど、
そこまで突き詰めたものは少なく、私は音の出る位置が気になって仕方ない。
特にハード的にこれを行う場合、反射の仕方や指向性なんかは当然周波数に
よって違うし、材料が共振する周波数もあるわけだから、かなり難しいと思う。

というか、そんな簡単なハード的解決策があるなら、DSPは流行らないかと。

―――

若い人は冗談が通じないだのなんだの言う年寄り多いけれど、
「あなたと友達じゃないし、拾う必要ないでしょう?」と思う。

そもそも、相手がどういう人間か判断できず、くだらない冗談を
投げてくるのは、コミュニケーション能力に問題がある。
もし相手が同世代だったら、誰にでも冗談投げるわけではないでしょ。
若い人だって、冗談が得意な人とそうでない人は当然いる。
まあ、こういう人はコミュ力に問題があるというより、
相手が見えていないだけなのだろうけれど。

まあ、「わーおもしろーい(棒読み)」とでも反応しておけば良いのではないですかね。

―――

定格は守るけど、完成品の機械で定格が書いてないときは使用できる範囲いっぱいで使う。

金を払って買っているのに、取扱説明書に書いてない部分まで考えて使わなければ
いけないのって、技術に金を払っていると考えている人間にはありえないことだ。
だってそれ、こっちで技術的な考察をしなきゃいけないわけでしょ。
これが仕事なら、それには給与が発生する。
それに、ユーザーには脳を使っていない人のほうが多いわけで、
そんなところに判断を任せたら危なくて仕方がないと思う。



個人的には現代の自動車のブレーキが
フェードやベーパーロックするのもちょっと理解できない。
それ、温度測れば警告出せるのでは?

自動車に関しては、姿勢制御のためにGセンサをつけているなら、
それとペダル踏み込み量、加速度等から計算して、大きく理論値と外れていたら…
みたいな制御というか警告もほしい。横滑り防止とトラクションコントロールだけではなく、ね。
たとえばブレーキキャリパー腐っている検出とか。…あー腹立ってきた、糞共が。

あと、細かい上下動から転がり抵抗を予測して、タイヤの空気圧検出などもできないだろうか。
これはインチアップしたりタイヤの銘柄を変更したら役に立たなくなるけれども、
ほとんどコンピュータで処理している現代の自動車では、そんなに難しいことではないと思う。
でも、ABSの制御はあいかわらずだし、センサもサプライヤのをそのまま使っていたりするから、
自動車メーカーがエレキ部分を根本的に見直すのは難しいのかもしれない。
コストもかかるし、必要性が薄いし、機械屋さん中心の業界だし。

ただ、このへんの中途半端さが日本の二次産業の限界であって、
海外より先に進めない理由だとも感じてしまうわけで。
中身にしても、外身にしても、値段のつけ方にしても、問題点がたくさん見える。
特に外身は、入出力インターフェースの使い方があまりうまくない・その一方で
どうでもいい部分に変にこだわるからごちゃごちゃするのが続いているような。
これはセンスの問題ではないと思うのよね。まだ技術と経験でカバーできる範囲かと。

―――

「性能が高い」の話をする時に何の性能か論じない・コストの話をしない人の多いことよ。

xxxのディスプレイの性能が高い?性能が何を指すのかはっきりしないけれど、
それは値段が高いのだから、最低限きれいに映らないと困るよ。
同じ金額で、輸入物のフルHDディスプレイいったい何枚買えるのか。

どこに重点を置くか、メーカーがどの層をターゲットにしているかの違いであって、
一般のユーザーが値段を無視して映像のきれいさだけを論じても何の意味もない。
日本はこれで散々失敗してきたのに、それまだやるの?と思ってしまう。

それに、コスト削減も立派な技術。ここで利益を十分に確保して、
より良い次期製品を開発してくれるなら、これはとても健全なことではないか。

2017-04-19 [にっき]

3月前半くらいに親指を切ったと書いた気がするのだけど、くっついたものの傷が残った。
制作物を処分するために梱包してたら手を切るとか、最後まで地獄なんだよなぁ。

―――

謙虚と後ろ向きは違うし、それぞれに良さがあると思うので。
後ろ向きな人に改善してもらう・改善案を出してもらうと強いのだけど、
それが理解できない人多いんだなぁ。

―――

毎日のように東芝関連の新情報が出てきて、何とも言えない気持ちになる。
ほかのニュースもこれくらい気合い入れてお願いしたいところ。

私はどう考えても国内で買うのはメリットが少ないと思うし、
はじめから国内に残すつもりなら一次入札前に手を打て。と。
WDもそうだけど、後出しがひどすぎる。

本当にホンハイが2兆~3兆円出すなら、やはりそれが良いのではないかと。

―――

いつだったか直したPCのディスプレイ、あれ以降、立ち上がらないことは一度もない。
多くても一週間に5度くらいしか再起動しないけれども、
様子を見るには十分な期間が経ったと思う。
購入時以来ずっと悩まされていたBIOSが表示されないことがある症状もほぼなくなった。

だけど、野良修理はおすすめしないし、分解も原因の特定も
自分でできないなら手を出してはいけないと思う。
メーカーへ修理に出すか、捨ててまともなメーカーに買い替えるのがいい。
ユーザーがまともな選択をするのが、市場が健全に成長する唯一の方法だと思うので。



私が以前作ったイヤホン用のMMCXケーブル(黄色いやつ)は、
全部合わせて2000円もかかっていないはず。
手間を無視して、少量販売されていない材料を使った分で割れば、とにかく安い。
一方、カバー付きのMMCXコネクタを使ったらそれだけで1500円前後飛ぶ。

部品代=原価だと思っている人は、こういうのどう見えるのだろうなぁ。
修理の話もそうだけど、頭を使うのも習熟のための作業も在庫を持つのもタダではない。
なんにしても、部品代だけで何とかなると思っているなら自分で作ればいいヨ。
本当にできる人は、どこにコストがかかるかよーく知っているはずだけども。

―――

最後まで処分できなかったKTCの工具(残り数十点)ももう処分しよう。
結局、一度も使わなかったものが多い。これも電子も、実に無駄な時間と金だった。

これ以上粘る理由がない。

2017-04-08 [にっき]

東京・埼玉の西側を南北に移動する場合、鉄道があまりなくて不便なのだけど、
さすがに自転車のほうが速いんじゃ…?という状況はなんだかなぁと思う。
実際にこの状態がちょいちょいあって、しかも終電縛りがあると馬鹿らしくなる。
 ↓
残っているオーディオグッズやらをお茶の水で売ってきて、
そのままあの辺でちょっと強い自転車買ってくるかーと考え始める。
本当は自動車がいいがな。
 ↓
ちょっと予算的に微妙っぽいし、自転車は来世にして、その金で万世に行こう。
(車体代だけしか見てなくて、追加で必要なものを忘れていた)
 ↓
わーい!たーのしー!



あれ………?
秋葉原に行くことも少なくなったけれど、
万世はそれだけのために行っても良い気がしている。
そういうイメージというだけなのだけどさ。

―――

家電を廃棄するときに、電源コードを切る人がいる。
あれ、なんの意味があるのかなーと思っていたのだけど、
基本的にはたぶん何の意味もない。

ただ、嫌な思いをした機器では、コードを切ってから
捨てたくなるのは何となくわかるような気もするこの頃。
人にあげずに、電線全部切って捨てれば良かったなぁと思うもの、たくさんあるし。
葬っておかないと、あとで思い出して嫌な気持になるからなぁ。

2017-04-08 [にっき]

できないこと・やらないことを「できる・やる」と軽く言う人が多すぎて、
やっぱりこの世に救いはないかな。

私なんか、できることでも自分より高い品質でできる人がたくさんいるものは
「自分にはできない」と言うくらいだから、こういうのは本当に意味がわからない。

―――

http://www.asahi.com/articles/ASK466D2LK46ULFA02S.html

ホンハイはハッタリかますことがあるからあれだけど、
このニュースが事実ならば日本の政府はやりにくいだろうなぁ(笑)。
アメリカもちょっと動いているらしいという話をちらっと見たので、
東芝が完全におもちゃになってる感ある。

個人的には、ホンハイが提示した額を本当に出すならそこに売ってしまって、
清算できるものは清算して、東芝はエレベータ屋さんになればいいと思う。

―――

大阪府かどこかで男性カップルが里親になった話、
ネットではずいぶん叩かれているような。いったいなぜだ。

男性カップルというのが戸籍上の話なのか、両方おとうさんなのかは知らない。
両方お父さんなら(こういう言い方したくないけど)高所得が期待できる可能性もあるし、
だいたい、かわいそうだと思うならお前がやれ!という話なわけで。

そもそも血がつながっているリアル親子だろうがクソはたくさんいるから、
里親が男性カップルであることなんてたいした問題ではないと思う。
他と違うといじめられる?違うことがかわいそうとか変だと言っちゃう人が
いじめる側にまわるから、そういう人がいなくなりゃもう少し平和になるのではないかな。

ただ、この時代の日本で、行政はずいぶん思い切ったことをしたなぁとは思う。

―――

入社後の研修で技術屋にはんだづけさせる会社がよくわからない。
入社試験でやらなかったなら、それは入社後もやらなくていいのではなかろうか。
できなくても入社できるということは、必須ではないわけでしょ。
だったら後から確認する必要もないし、研修でやる必要もない。

もしはんだづけが必要なら、入社試験でやればいい。
面接の練習はするのに、はんだづけは練習してこられないなんてことはないだろう。
そもそも、電気・電子・通信系ではんだづけできない人がいる時点でおかしいような。
この「研修ではんだづけ」という話はかなりの頻度で聞くのだけど、
本当に時間と人手とコストの無駄だと思う。
数時間で習得できるものではないし、
自分で調べない・試行錯誤しない人は基本的にうまくならないし。

関係ないからどうでもいいか。

―――

疲れたから終わり。

2017-03-25 [にっき]

東芝の半導体売却、中止勧告も 中・台企業なら外為法で(朝日新聞DIGITAL)
東芝半導体、売却先が中国系なら中止勧告も 安全保障上の懸念…政府が検討(産経ニュース)

この辺はまだ想定内だけど、これをやるなら入札なんてしなきゃいいのに。と思ってしまう。

ところで、日本のお偉いさんは一人も中国製造のスマートフォンやPCは使ってないんだよね?
GPSもカメラもついている機械は、ハックされれば居場所やそのとき何をやっているかが
バレてしまうわけだから、それこそ「「国の安全」が脅かされる」事態になりかねない。
そういう機械は当然、信用できる国・会社で製造されたもののはずで、
「中国で製造したもの」を選んでいる人たちなんていないでしょう。


こんなの、難癖つけようと思えばいくらでもできるから、
何が何でも中国には売りたくないのだろうなぁ…。
台湾・韓国・中国が結託して、とんでもない額を積んで、
むしり取っていくくらいの展開を希望したいのだけど。

―――

転職サイトに登録しておくと、企業からオファーくることあるじゃん?
だらーっと本文を読んでいると、エンジニアが書いた
文章でもないのに日本語間違っている時があって。

私も人並み以上に間違えるし誤用もする。わざと誤用している時もある。
それでも、「書類選考を割愛して面接に進んでいただける」的な文章はさすがにない。
「割愛」は、「本当はやりけいけど省略」みたいな意味なので、この文章からは
「本当は書類選考したいけれど面接からにしてやるわ感謝しろ!」みたいな印象を受ける。
書いた人はそのつもりがない?そのつもりがないならそれはもっとヤバいし、
自覚がなければ許されるわけでもない。私よりずいぶん長く生きていてこれじゃあねぇ。

あと、私のことを電気屋と書いてきたのがいまいち。
自称するのと他人に言われるのは全然違う。
そして、どんなに譲っても元・電子屋だ。
まあ、重電屋さん案件だったから、電気屋と書きたくなるのはわからんでもない。



もう転職サイトで面白いネタ探しをするくらいしか
経歴に使い道がないのは、本当に無駄だと思う。
うん?無駄なのは今の経歴に至るまでに使った時間と金と体力・気力であって、
使い道のなくなった経歴ではないデスヨ。そもそもFラン卒だし。

2017-03-20 [にっき]

東芝のメモリー部門購入に税金を入れる?みたいな噂が出ているようで。

想定していたこととはいえ、やっぱりないわーと思う。政府はもう余計なことしなくていい。
台湾・中国・韓国あたりに買われて、日本人は現実を見たほうがいいのでは。
その方が値段が下がりそうor価格据え置きでも開発スピードがupしそうだし、
使う側としては良いことしかない。


WH破産にアメリカ政府が待ったをかけたのは割と当然だと思っているので、特に感想はない。
とりあえず待った!しておけば、これは取引に使えるしね。

―――

「オーディオアンプは帯域が広いと高い周波数の雑音をばらまく(からダメ」と主張する人がいて。
だけど、上のほうは基本的に-6dB/octで落ちるから、
カットオフが低くても上のほうはそれなりに漏れてくる。
しかも、ここで問題になるのはアンプ自体が発する雑音であって、DACの雑音は関係ない。
カットオフ周波数数百kHzの一次LPFでDACからの雑音を防げるならば、
DACにLPFをもう一段足せばいいだけだし。

帯域幅が狭くなればその増幅器の雑音は数値でも小さくなるけれど、
それは根本的に低雑音な増幅器ではないよねぇ。と思う。
測定時はA補正してしまえば影響小さくなるけれども、なんだかなぁ。と。

―――

転職サイトからくるメールを見ていたら、
人材紹介屋経由でIC屋の求人があって。

勤務地と本社所在地を見て、これは顧問のセンセにもお会いしたし、
本社にも行ったことがある会社だなぁ。と。
今回、アナログ屋も募集していたけれど、
中の人にはアナログの話まったく通じなかったのよな。

……くだらないなぁ。ここは以前、その界隈の人から「最近退職者が多い」
みたいな話も聞いたこともある。なんだかわかる気がするよ…。

まあ何でもいいか。くだらないなぁ。

―――

理系のほうが戦争になった時に比較的安全だと言う世代は、
だいたい戦争を経験していないと気づいてしまった。
戦争経験した世代はあまりこういうことを言わない気がする。戦争に安全もクソもないんで。
まずはどうしたら戦争しなくて済むかを考えるのが大人のやることであって、
そこをすっ飛ばして余計な事を言う人は何も考えてないのだろうな。

第二次世界大戦が1945年に終わったんだっけ。
終戦からまだ100年も経ってないのに、あまり馬鹿なこと言わないでおくれよ…と思う。
特別攻撃隊が編成された経緯なんかをちょっとでも調べてみたら、
こんなふざけたことは言えないはずなんだけれども。

2017-03-08 [にっき]

ついにDS PCBにも「PCB Part Library」というライブラリがきたらしい。
メルマガに書いてあっただけなので詳しいことは知らないけれど、
これで少しはDS PCBから基板CADはじめる人が増えるかな?
このライブラリに期待するものは3Dモデル。フットプリントと回路記号だけを自分で描くと
3Dビューで部品が全部ただの箱になってしまうので、これが元々ついてくるなら良いな。と。
(私は3Dビューできなくても困らないから、あまり問題はないけれども。)

私はDS PCBが特別使いやすいCADだとは思わないし、Ver.7.0からアップデートも
していないけれど、そこまで困る場面もあまりない。ちょっとこねるくらいなら十分。
何より、商用利用について全く制約がないのが楽。

まあ、しばらく触っていないけれども。

―――

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ06IMD_W7A200C1TJC000/

ほとんど税金の組織が介入しても、やっぱり良い結果は出ないねぇ。以外に感想がない。

―――

http://briseaudio.jp/portable/product/recable/upg001ref.html

MMCXのほう、外装とMMCX外側電極間は絶縁されているのだろうか。
(シングルエンドの場合は外側がGNDならば問題ないけれど、これはバランスなので。)

イヤホンを耳に入れているときは、左右のイヤホンが触れることなんてないよ?
だけど、はずしてちょっと置いておくときなんかに左右が触れる可能性は
十分考えられるわけで。

まあ、きっとその辺の対策はしてあるでしょうな。

―――

「これ、旋盤でこんな感じに(ここで図面出てくる)加工してきてくれない?」
「旋盤使う場面があったらいいけど、私は全然精度出せないし、そもそも使う機会がないよ」
「イヤホンケーブルのカバーはどこで作ってきた?」
「あれは旋盤使わずに自宅加工してる」
「は?」
「自宅で、ほぼ手動で」
「時間かかるな」
「1点だからできることだよね」

できれば旋盤使いたかったけれど、その場合は材料選びから変えないといけない。
(筒だとチャックでつかんだ時につぶれるので円柱にするとかね。)



「そろそろつくったもの用の新しい名前考えん?」
「もうつくらないから名前いらないよ」
「名前付けずに解体したものもたくさんあるでしょ、それ用に」
「なんでそんな名前つけたいわけ?」
「良いのがあるんで」
「またつくったとしても、これまでと同じ名前つけるからいいよ(同じ名前のが複数ある)」
「後ろにRabbitつける形なr「vivid_rabbitでしょ」
「知ってたか」
「そりゃあねぇ…」


これまでにWR(WhiteRabbit)・SR(SnowRabbit)・RR(RapidRabbit)はつくったけれど、
名前の付け方にはあまり規則性がなく、同じ名前のものが複数ある・名前がないものもある。
ただ、PCBをつくったものには何らかの名前を付けていた…はず。

WRの一部を残して、ほかはすべて避難・解体完了したので、もう何も残らんよ。

2017-03-06 [にっき]

アンプを梱包するためにダンボールを切っていたら、親指も切った。
最後まで私から何かを持っていくのか…。 ※ただの、自分の不注意。

右手に持ったカッターに思いっきり左手をぶつけて切ったので、結構深く切れたらしい。
絆創膏2枚貼っているのに、2枚目の絆創膏に血が染みてきた。
親指の第一関節と第二関節の間(の手の甲側)で、
指を曲げれば引っ張られる位置というのも良くないようだ。ちょっと痛い。


でも、これで大きな制作物はだいたい私のところから脱出させられたかな。

―――

・機械や道具をつくるなら、まず必要なのは技術

なぜかオーディオ機器をつくる人たちは、耳が良ければ
なんとかなると思っている場合が多くてよくわからない。

耳の良さ・感性の豊かさは、評価をする上でプラスになることはあっても、「何を変えたら
どうなるか」「どうなっているから悪いのか」がわからなければ改善しようがないわけで。
結局、技術・知識がなければ自分のわかる範囲のいじり方をして、
その中で落とし所を見つけるしかない。

たとえば…「スピーカーやヘッドホンの振動板を軽くて丈夫にしたら理想に近づく」
までしか知識がない人では、振動板を変更するところまでしかできない。
だけど、空気の流れや、マグネットやフレームにかかる力が見えている人なら、
そこまで対策できる。その対策の方法だって、機械をかじった人と
純粋な電子屋さんでは同じ形にはならないし。知識は多いほうがいい。


そもそも、「楽器○年やっている」「PAに関わっている」(から耳がいい)と
言って喧嘩売ってくる人は、なぜそれをやっているのがあなただけだと思っているのかと。
しかも、そういう人に限ってやっている年数が短かったり、詳しくなかったりするし。
まあ、私も楽器触らなくなってずいぶん経つけれども。
昔触っていたような楽器を今触ったら、楽器の性能の低さと
自分の性能の低さにがっかりするだろうな。

―――

音楽ファイルの圧縮の仕組みの話をしているときに、固定ビットレートと
可変ビットレートの話をいきなり入れてくる人は何もわかっていないんだなぁ。

それは時間当たりのデータの量であって圧縮の仕組みとはあまり関係ないし、
可逆圧縮が基本的に可変ビットレートなのはその仕組み上当然のこと。
これくらいは、デジタルやらなくても少し工学に触れた事がある人なら
知っているはずのことだと思ふ。


あと、勘違いしている人が多いのだけど、可逆圧縮はデジタルデータが
元の形に戻るだけで、それをDA変換した時にどうなるかはまた別の話。
非圧縮と比べて計算量が増えるから消費電力は増えるし、
それによって電源の雑音等が増えることも十分に考えられるわけで。
人間が知覚できる範囲か・現代の測定器で正確に観察できるかはともかく、
アナログ出力は変わっても不思議ではないと考えるのが自然かと。

※脳にデジタルデータを直接入力できる人のことは考慮していません。