So-net無料ブログ作成

2017-05-26 [にっき]

あっち:過去の制作物の写真送ってくれ
 ↓
こっち:もう物が手もとにないよ


詰んでた。知ってた!まあ騒ぐほどのことでもないか…。
やっぱ祖母に呼ばれている気がするな、これ。
渡した人に写真撮って送ってもらおうと思ったのだけど、連絡とれないしな。

―――

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H99_U7A520C1FF1000/

台湾の同性婚合法化は良い方向だと思うのだけど、
まだこんなことがニュースになる世の中なんだよなぁ。と少し残念にも感じる。

私は自分に影響のないその他大多数なんてどうでもいいから、
こういうことで騒ぐのよくわからないけれども。
身内を見て、結婚はしないのが一番幸せそうだという結論が
出ているので、そこに使える労力がある人は純粋に尊敬はする。

―――

まあなんでもいいかー。

2017-05-25 [にっき]

「俺の若いころはエアコンなんてなかった、5月に暑いなんて若者は我慢が足りない」

と言う人の頭の悪さは、我慢を強いる部分もあるのだけど、
5月の真夏日の数すら調べられないところにあると思う。

まあ、暑いならさっさと冷房入れるのが一番効率いい。

―――

オリンピックのマスコット募集、選ばれたら100万円で著作権等は全部向こう持ちらしいけれど、
なぜ応募要項の中に「言葉を使わずに感情を表現できること」みたいなのが入っているのか。
応募に必要な20点?を描ければ良いのでは?と思ってしまった。

この条件ならば、「イラストとイラストレーターをセットで募集」と
したほうが、語弊がないように感じる。ああ、また出来レース?

―――

東芝は何が何でも中国系には売りたくないようで。
もう本当に日本政府は余計なことしてくれるな。

―――

「パワーアンプ作ろう」
「今だしてる商品と関連がないから駄目」

というやりとりがあった後にポータブルヘッドホンアンプ出す話があるとか、
お客のことを金蔓としか思っていないんだろうなぁと思うわけで。
それ、もっと関係ないわけだが。というか、パワーアンプは
ちょっと見方を変えればかなり関係あるのだけども。

―――

2017-05-11 [にっき]

報道が、景気回復傾向が続いているだのとのたまっておられるけれど、
景気動向指数から中小企業出荷指数(製造業)が外れてるらしく。

ソースはこの辺。
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kibobetu/index.htm
http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/kobetu_gaiyou.html

これで景気回復?好景気?
数字だけ見ればそうだろうけれど、これはちょっとなぁ。

―――

ヘッドバンドの中の電線を白い絶縁体のものから黄の絶縁体のものに
交換したら、音も少し明るくなりました。v^^v

…まあ、これはほぼ冗談だけども色によって使う材料が違うから、
厳密にみると物理特性は変わると思っている。

ただ、電線の材料以前に、電線の取り回しが変われば音も変化する可能性はあるわけで。
触れている位置が変わるだけで、全体の共振周波数も、振動する位置も変わるし。
いじるたびに、やはり両出しorきっちり固定してある状態が理想だと思う。
(フローティングが悪と言っているのではなく、触れたり触れなかったりを
 避けたほうが良いだろうという意味)

もちろん、物理的な特性のことと、それを人間が知覚できるかは
まったく別の話なので、どうぞ混同しないよう。
知覚できなければ対策しなくても良いという主張はコストとの兼ね合いもあるから割と
同意するけれど、知覚できないのが特定の個体なのか、全員なのかは見極める必要がある。
耳にも感性にもかなりの個体差があるので。
―――

やはり電子機器はつくった人の癖が出る。
たとえば同じようなオーディオアンプ作っても、
音の抜け方や分離なんかが全然変わってしまうし。

細かく調べていくとその理由っぽい部分はいくつも見つかるけれど、
たぶんそれを事細かに伝えても・伝えてもらっても再現はできないんだろうな。と。
上辺だけ拾って同じものができるほど簡単ではない。
無理に真似ても、どこかにしわ寄せがくるし。

だからこそ、面白いのだと思う。
そこにできもしない奴が土足で踏み込んできて、
一方的に否定だけされたら、そりゃ冷めるわな。


と、友人のアンプを聞かせてもらって再認識した。
どんなに突き詰めても同じものはできないだろう、といういつもの結論。
これは、昔の偉いセンセも言っているのよな。突き詰めた先に個性が出る、と。
個性というのは本来そういうもので、ろくに知識もないのに
余計なことをするものではないと思う。

ま、廃業中の私には関係ないのだけども。

―――

・電球を青く塗って白く見えるようにするとか、もう古の技術だよなぁ。

・最後にちょっと良い夢が見れそうだったけれど、それもなくなったし、どうしたものか。

2017-05-04 [にっき]

知人のポータブルヘッドホンアンプを聞かせてもらったら、入力ジャックと
ボリュームノブの位置が近く、ボリュームノブでプラグ持ち手の塗装が削られた。

もしプラグがまっすぐ刺さるジャックor誤差が上下方向に出るジャックなら、もしかすると
ぎりぎり避けられたかもしれないけれど、その精度に依存するのもちょっとね。
…そんなに太いプラグ使っていないのに擦ったので、大体何でも削られる時点で
やっぱり構造的な問題か。

―――

ミリシタの事前登録が始まったようで。
ミリオンライブはいいぞ。

私は端末がなぁ。
ミリオンライブはいいぞ。

―――

逆chの音を追加してクロスフェード的なことをした音楽再生装置が苦手。
(ドライバ追加などのハード的対策でも、ソフト的対策でも)

それで定位が自然に感じられる人は、音の出ている位置の聞き分けが苦手なだけでは?
完璧に自然な音と同じ位置・位相差で音が出るなら脳がだまされるだろうけれど、
そこまで突き詰めたものは少なく、私は音の出る位置が気になって仕方ない。
特にハード的にこれを行う場合、反射の仕方や指向性なんかは当然周波数に
よって違うし、材料が共振する周波数もあるわけだから、かなり難しいと思う。

というか、そんな簡単なハード的解決策があるなら、DSPは流行らないかと。

―――

若い人は冗談が通じないだのなんだの言う年寄り多いけれど、
「あなたと友達じゃないし、拾う必要ないでしょう?」と思う。

そもそも、相手がどういう人間か判断できず、くだらない冗談を
投げてくるのは、コミュニケーション能力に問題がある。
もし相手が同世代だったら、誰にでも冗談投げるわけではないでしょ。
若い人だって、冗談が得意な人とそうでない人は当然いる。
まあ、こういう人はコミュ力に問題があるというより、
相手が見えていないだけなのだろうけれど。

まあ、「わーおもしろーい(棒読み)」とでも反応しておけば良いのではないですかね。

―――

定格は守るけど、完成品の機械で定格が書いてないときは使用できる範囲いっぱいで使う。

金を払って買っているのに、取扱説明書に書いてない部分まで考えて使わなければ
いけないのって、技術に金を払っていると考えている人間にはありえないことだ。
だってそれ、こっちで技術的な考察をしなきゃいけないわけでしょ。
これが仕事なら、それには給与が発生する。
それに、ユーザーには脳を使っていない人のほうが多いわけで、
そんなところに判断を任せたら危なくて仕方がないと思う。



個人的には現代の自動車のブレーキが
フェードやベーパーロックするのもちょっと理解できない。
それ、温度測れば警告出せるのでは?

自動車に関しては、姿勢制御のためにGセンサをつけているなら、
それとペダル踏み込み量、加速度等から計算して、大きく理論値と外れていたら…
みたいな制御というか警告もほしい。横滑り防止とトラクションコントロールだけではなく、ね。
たとえばブレーキキャリパー腐っている検出とか。…あー腹立ってきた、糞共が。

あと、細かい上下動から転がり抵抗を予測して、タイヤの空気圧検出などもできないだろうか。
これはインチアップしたりタイヤの銘柄を変更したら役に立たなくなるけれども、
ほとんどコンピュータで処理している現代の自動車では、そんなに難しいことではないと思う。
でも、ABSの制御はあいかわらずだし、センサもサプライヤのをそのまま使っていたりするから、
自動車メーカーがエレキ部分を根本的に見直すのは難しいのかもしれない。
コストもかかるし、必要性が薄いし、機械屋さん中心の業界だし。

ただ、このへんの中途半端さが日本の二次産業の限界であって、
海外より先に進めない理由だとも感じてしまうわけで。
中身にしても、外身にしても、値段のつけ方にしても、問題点がたくさん見える。
特に外身は、入出力インターフェースの使い方があまりうまくない・その一方で
どうでもいい部分に変にこだわるからごちゃごちゃするのが続いているような。
これはセンスの問題ではないと思うのよね。まだ技術と経験でカバーできる範囲かと。

―――

「性能が高い」の話をする時に何の性能か論じない・コストの話をしない人の多いことよ。

xxxのディスプレイの性能が高い?性能が何を指すのかはっきりしないけれど、
それは値段が高いのだから、最低限きれいに映らないと困るよ。
同じ金額で、輸入物のフルHDディスプレイいったい何枚買えるのか。

どこに重点を置くか、メーカーがどの層をターゲットにしているかの違いであって、
一般のユーザーが値段を無視して映像のきれいさだけを論じても何の意味もない。
日本はこれで散々失敗してきたのに、それまだやるの?と思ってしまう。

それに、コスト削減も立派な技術。ここで利益を十分に確保して、
より良い次期製品を開発してくれるなら、これはとても健全なことではないか。

2017-05-02 [修理・分解]

HFI-680のヘッドバンド内の電線を少し太いものにすると、ハウジングをヘッドバンド内に
押し込むように畳んだ時に電線が挟まる部分があることに気づいてしまった。
明らかに絶縁体と構造物がこすれて傷が入っている。
なぜ上端と下端で開口部の大きさが違うのか……。

20170501_1.JPG

とりあえず、削ってみた。これでうまく電線が逃げることを確認できたので、
加工面をもう少しまっすぐにして、バリをだいたい取って、水洗いして組み直し。
外側からは見えない部分なので、紙やすりはかけていない。ZATU。雑。

ここまでばらしたら電線換えるのも労力的にはあまり変わらな…いや、変わるけれど、
一応電線も換えておいた。つまり、ヘッドバンド総ばらしした。
この個体だけでも、もう4回か5回ばらしているような気がする。
毎回元の形に戻るのだから、なかなかのなかなか。
前回と同じ電線がなかったので、同じ太さの色違いへ。
まあ、外から見える部分ではないからなんでもいいっちゃなんでもいい。


ところでここ、削っても剛性にはほぼ関係ないし、可動部なのでこんなに削ったら
動かす時に引っかかるかな?と思ったけれど引っかかることもないし、謎が多い。
パーティングラインの位置的に、型から抜くときの制約でもなさそうだし。

この関節まわりはえらく厚い樹脂でできているので、
よほどのことがないと折れたりはしなさそう。
時間と気力と体力が許せば、加工できる範囲は広い。
ただし、この上(頭の天辺側)と下(ハウジング側)の構造があまり良くないので、
ここだけ加工したところでネタ以外にはあまり使えないかな。と。
少なくても、10万も15万もするようなヘッドホンに、
電線片出しで使うようなヘッドバンドではないと私は思う。
(両出しなら、バンド内に電線が通らないからまだいい。)