So-net無料ブログ作成

2018-03-01 [にっき]

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1106878.html

ここはお客をただの金蔓としか思っていない人たちばかりだから、
こういう質の悪いことを思いつくのだろう。

それにしても、もうやっていることがメーカーですらないな。(前からその傾向あるけど。)
革製品をメインに扱っているわけではない・ヘッドホンを出しているわけでもないのに
こういう事業を始めるというのは、ただ一過的に儲けたいだけよね。
まあ、安くやってくれる下請けがいるとかそういうことであって、深くは考えてないのだろうけど。

これ、在庫持たなくていいからリスクもほぼないし、トラブルがなければ
商売としては基本的に黒字しか出ないと思う。
だけど、それだけ劣化したものを預かってパッドを交換するということは、破損などの
トラブルになることも考えられるし、まともな頭をしてたらあまりやらないことのような。
というか、音について一切記述がないけれど、音はガン無視なのだろうか。
そうなるとあまり注文数は見込めない気がするけれど、
まあ売れなくても赤字は出ない形だろうから関係ないのかもしれない。



私はできるだけ日本メーカーや日本の二次産業を応援したいし、
タイミングが合えばもう一度二次産業戻りたいかもなーとも考えている。
だけど、こういうのを見てしまうと、応援したくてもできない。
信仰する気はないから、良くないものにお金を落とす必要はないと思う。

私みたいな若くない人たちはまあいいとして、若い人にこういう夢もへったくれもない世界を
見せてしまったら、ますますこの業界にきてくれる人は減ってしまう。
本当に自分たちのことしか考えていないのだなぁ…と感じるヨ。

―――

働き方改革関連法案のニュースをよくやっているけれど、
不正確なデータを再調査しないのであれば、最初からデータ要らなかったのではないかな。
検証しないデータなんて 無 意 味 だし、おかしなデータをそのままにするなら、
そこにかけたコストはすべて無駄になるように思う。なんだろうこれ。

そして、そういう法案はたいていろくなものではないと思うわけで。
裁量労働制については撤回するとかしないとか言っているみたいだけども、
最初は撤回する気ないみたいなこと言ってなかったっけ?てのひらクルックルだな。

―――

真空管アンプのネガな部分としてあげられることの多い、
熱い・割れる・重いことが多いetcはまだわかる。
だけど、なぜ歪みが多いのはネガな部分としてあげられることがほとんどないのか。

これ、勝手にネガかどうか判断しているだけで、なにも客観的ではないのよな。
大きなガラス管の中でヒーターが光るのカッコイイ!と思う人だっているのだから、
必ずしもその見た目や構造がネガな部分になるとは限らない。
一方で、増幅器なのだから歪みは小さくなければ!と考える人もいるわけで。


あと、よくわからんのは真空管で増幅してオペアンプでバッファする回路。
増幅するのが目的であれば、真空管はなくても良いはずだ。
わざと歪みを足すなら…それはもう増幅器ではないかな。

そういうのはまあ置いといて、バッファとして使っているオペアンプICを
1倍で使用するのはどうかと思う。
電源電圧に十分な余裕があるならば良いけれど、そうでないときは入力範囲が
狭くなってしまって、出力振幅を大きくしていった場合に音が割れる原因になる。
入出力両方ともレールツーレールのオペアンプて、そんなにないので。
出力レールツーレールは今だと結構多いから、2倍~3倍くらいにして
うまく使えばそれなりになるけれど、なぜかそこまで見てない人が多くて不思議。



真空管といえば、Nutubeがちょっと流行っているようなのでいくつか試聴させて
もらったのだけど、雑音対策すらできてないものがあるようではネタから脱せないのでは?

そもそもあの素子自体が、蛍光管で作れるものを何となく作ったような印象を強く受ける。
なぜ今、あの形の三極菅なのか。

私は出始めのころに使おうと思っていろいろ調べて、結局やめたのだけども、
あれを使っている人たちはちゃんとメリットを説明できるのだろうか。

―――

取引停止ではなくて、取引やめれば?
http://save.cms2.jp/mixwave/caudio_news180226.html

それにしても、MWの社員は家電量販店へ行ったことがないのだろうか。
家電量販店に行ったことがあれば、展示機が汚れていたり
壊れているの、見たことあるはずだけども。

また、イヤホンのチェックがサウンドでしか行えない代理店なんて、
何を代理しているのだろうと思う。
せめて特性が出ているか測定して、「ステム折れましたけど
こんな使われ方しても特性は大丈夫です!」くらい言えないとさ。

そもそも、ステム破損は100%使い方や展示の仕方が原因なのだろうか。
イヤホンは外で使うものだから、ある程度の丈夫さが必要だと思うし、
破損しないように一部のイヤホンはステムの根元にR加工してあったりするけれども。
(たとえば、ER-4Sの途中からのモデル。)
角を持たせた構造は、そこから折れやすくなるのわかりきってるじゃない。