So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-06-22 [にっき]

オーディオ機器よりも喉のほうが脳に近いところにあるから、
オーディオ機器よりも喉のほうが任意の方向にもっていきやすいように思う。
音について語っちゃうオーディオマニアの皆様は、みんな声芸くらい軽くできてしまうのかな?

と、ふと考えた。

―――

ラインとマイナポータルを連携できるようにする…というニュースを見て驚いた。
他サイトと提携する時点で危ないし、ラインなんて一番提携してはいけないサービスだろうに。

そもそも、マイナンバーの持ち歩きは気をつけろとさんざん言っていたのに、
どんどんガバガバになっていく。その一方で、行政サービスが便利になっている感じはしない。
本来の目的が達成できていない感。

以前、税金関連でマイナンバー通知カード?のコピーを送れと言われたことがあるのだけど、
普通郵便で送ってよかったのだろうか。民間の認識はこの程度だから、ネットと連携させたら
速攻で漏れると思う。国から漏れる可能性も大いにあるだろうし、怖いなぁ。

―――

不定期:求人サイトから見る景気コーナー

めずらしく中小企業から転職サイト経由で面接確約のオファーがきた。
(今はこういうの多い時期だけど、中小零細から直接オファーがくるのは結構珍しい。)

休み多め・残業少なめ・給料は現代の中小基準でそんなもんかな?
募集理由は技術者増員のため。保守要員が少ないないので、それと開発を兼ねるとのこと。
…なんで保守要員が一人になるまで放っておいたのだろう。
私が在職中でそれやられたら、二人から一人になる時に一緒に辞めると思う。
別にその会社の保守要員がいなくなっても困らないし。そこが苦しくなるだけでしょ。
(何を作っている会社か書くと特定できて怒られそうなので書かない。)

こういう求人は、なんとなく工学部を卒業したらエンジニアに
なれると思っている人に声かければすぐに集まるのでは?
(そういう人が悪いとは言ってない。エンジニアに向いてないだけで現代には合っていると思う。)
少なくてもこれは、私には適していない。
だけど、あちらは大学を出ればエンジニアになれると思っている人がほしいわけでは
ないのだろうな、というのもわかる。つまり、ほしい人材はこないパターン。

似たようなので、「こんな特殊な物作ってるんです!しかも昔から大手と取引あります!」
みたいなものもあった。ここも待遇は良くない。
大手と昔から取引ある?それで?日本は取引先と慣れあう文化が
まだまだ残っているし、新しい取引先を開拓できていないだけでは?

何をどう間違えたのか、「機械制御に知見のある二ノ宮さん宛て」のものもあった。
もう何でもありかよ!というか、そこまでして人がほしいのか…。
私はマイコンを使ったことはあるけれど、ADするのに使うのと機械制御に使うのは違うと思う。
私はPCと電子回路をつなぐのに使うのがメインだった。
別に34401AとPCをつなぐケーブル買ってきて、それでログをとっても良かったのだけど、
そんなに細かい値いらないし、値段も高かったはずだし、USBではなかった気もするし。

まあ転職サイトはまだいいのだけど、それ以外に
ハロワに技術系求人を出すところは十中八九地雷だと思う。
ハロワは人間の選別ができていない段階で電話がかかってくるから、時間ばかり食われる。
人事や総務が仕事しているアピールできるだけで、根本的には効率が悪い。


本日の結論:給料を見る限りだと中小二次産業は不景気継続中。
もしくは次につなぐための判断ができていない感じ。

大きいところは判断に悩む。人手不足は人手不足なのだろうけど。
私の経歴でも、大手分社系なら書類パスで面接こいよオラァだったりするし。

―――

・ただの雑談で深い意味はない

友人「電気自動車を設計する上で、内燃機関の自動車より
   有利な点をひとつあげろと言われたらなんて言う?」
私「液体燃料車のように燃料の偏りを考慮しなくて良いから、
  エネルギーの入れ物(バッテリー)の形状に制約が少ないこと、かな」

あえて、少し離れたところから絡んでいくスタイル。
モーターのトルクが云々みたいな、誰でも注目する点を挙げたって仕方ないし。
どんな製品も全体のバランスを考えないといけないから、
ひとつの要素にしか注目できない人が集まっているのは怖いとも思うし。

―――

日本で自動車の自動運転を実用化するのは、やっぱりかなりきついと感じる。
法的な(責任を誰が持つかの)問題もあるし、アプローチが古いままだし。
ちょっと胡散臭いお金の流れもあるみたいだけど、厳しいのではないかなぁ。と。

自動ブレーキですら、個人的には疑問がある。
低速で、グリップが十分にある路面で、動かないものにつっこむ場合にはちゃんと効くだろう。
だけど、たとえば狭い道で、対向車があって、路面がすべりやすい状況で、
飛び出しがあったらどうなるだろう。たぶんブレーキ入るけれど、このときに路面の
状況や道路の先がどうなっているかまで判断してブレーキかけられるのだろうか。
雪が積もりたてなら強く踏んだほうが良いこともあるし、
もっと滑る路面ならABSが入らないように踏むほうが制動距離をおさえられることもある。
どうしても無理そうなら、路肩に自爆する選択が最適かもしれない。
でも、コンピュータでこの辺まで処理しようとすると、莫大なデータが必要になるか、
自分で考えるコンピュータが必要になってしまうように思う。
2017年では、まだこういうのはフィクションの世界。

もっと難しいのは、若者複数名をはねるか、年寄りひとりを
はねるかの選択を迫られた時だと思う。
どちらも凡人であった場合、人類の未来を考えたら若い人複数名を守ったほうが
良さそうだけど、年寄りは耐久性が低いからぶつけたらあの世にいってしまうかもしれない。
法的に一番責任が軽い落としどころを見つけるだけでも、とても難しい。
(これは自動ブレーキより自動運転の話かも。)

自動運転はこういう部分以外に、状況に応じて車両の状況も判断しなくてはならない。
人間が感じる、「何かいつもと違うかな?」を機械が見つけられないと、
要らない事故を起こすことになると思うから。
しかし、センサを多数つけてそれが検知できたとしても、それですぐに異常と判断してしまうと
敏感すぎるし、かといって閾値を下げるとこれまた怪しいことになりそうな。
これも、あらゆるパターンを考えて最適解を出さないといけなくなりそうだと感じている。
え?こまめなメンテナンスをディーラーで受けてください?車両自体のコンピュータ制御が
進んでいるのに、そこを人の手に頼るのは少々古臭いと思ってしまう。
というか、それなら運転も人の手で良いのではなかろうか。免許制度を厳格化してさ。

ちなみに私は、事故回避で「法的に」最も問題ないのは、自爆だと考えている。
それも、ガードレールに擦ったりするのではなく、できれば跡形もなく爆散で。
そもそもぶつかる対象が消えれば相手は安全だもの。
実際、ぶつかる相手が若者で、搭乗しているのが年寄りの場合だったり、学生の集団に
搭乗者一人の車両が突っ込む場合は、車両側をやっつけたほうが人類としての
損失は小さくなりそうである。


でも、もし上に書いたようなものが実現できたとしても、
私は倫理までもをコンピュータに任せる気にはなれない。
個人的には、機械に全権を渡すのではなく、機能限定型の機械で
人間の技術や感覚を補えるような形にするのが良いと思っている。
そのうえで、保険として自動ブレーキの有無を購入者が選択できるのであれば良い。
今のところ全車取り付け強制は同意できないし、
ついていたほうが何か優遇されるのはちょっとおかしいと感じる。

本当は、扱う人間が訓練して、感覚を研ぎ澄ませて、操作するのが良いのだけども。
私は、どんな機械を扱う場合でも、機械との対話は絶対に必要だと考えているので。
また、機能限定型ではなく自分で考えるコンピュータにしてしまうと、
どうやっても倫理の話が出てくるので、ややこしくなると思う。
倫理が絡むと法律を単体で語る時よりもはるかに難しくなる。(必要なことだけど。)


そんなわけで、今の自動運転車て本当に安全考えて開発してる?という疑問に帰り着いた。
まあ、倫理はつくる側が真面目にやっても売る側や使う側が足蹴にしてくれることも
多々あるし、儲かりにくいから、利益を考えるとあまり深入りしないほうが良い気もする。



そういえば昔、何か技術系のイベントで自動運転車のデモを見た覚えがある。
ようやくここまできたかと思うと同時に、やたら速度が遅くていまいち面白くなかった。

近未来感を演出したいならこれでもいいけれど、実用化に向けて技術を
見せびらかしたいなら特殊な路面が入り混じるコースをある程度の速度で走らせたり、
車の前に人形を投げ込んだりしたらいいと思う。

危険な可能性のあるものを展示するのは問題がある?
それでも展示したいという気合いの入ったメーカーが、一番信頼できるのではないかな。
規制だの規則だのばかり言っていたら、発展するものも発展しなくなる。
技術屋ならまず技術で殴る。これは大事だと思う。

―――

知り合い割増料金はあっても、知り合い値引きはねえよ。タダでよこせなんて論外。
こういうやつがいるから日本の科学技術は衰退したんでしょ。といつも思う。
※ただし、お得意さん値引きは別。

自分より若い人間にこういう発言を平気でするやつがいるのは本当にやばい。
まわりに定期的にわくの、何なんだろう。

―――