So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-05-02 [修理・分解]

HFI-680のヘッドバンド内の電線を少し太いものにすると、ハウジングをヘッドバンド内に
押し込むように畳んだ時に電線が挟まる部分があることに気づいてしまった。
明らかに絶縁体と構造物がこすれて傷が入っている。
なぜ上端と下端で開口部の大きさが違うのか……。

20170501_1.JPG

とりあえず、削ってみた。これでうまく電線が逃げることを確認できたので、
加工面をもう少しまっすぐにして、バリをだいたい取って、水洗いして組み直し。
外側からは見えない部分なので、紙やすりはかけていない。ZATU。雑。

ここまでばらしたら電線換えるのも労力的にはあまり変わらな…いや、変わるけれど、
一応電線も換えておいた。つまり、ヘッドバンド総ばらしした。
この個体だけでも、もう4回か5回ばらしているような気がする。
毎回元の形に戻るのだから、なかなかのなかなか。
前回と同じ電線がなかったので、同じ太さの色違いへ。
まあ、外から見える部分ではないからなんでもいいっちゃなんでもいい。


ところでここ、削っても剛性にはほぼ関係ないし、可動部なのでこんなに削ったら
動かす時に引っかかるかな?と思ったけれど引っかかることもないし、謎が多い。
パーティングラインの位置的に、型から抜くときの制約でもなさそうだし。

この関節まわりはえらく厚い樹脂でできているので、
よほどのことがないと折れたりはしなさそう。
時間と気力と体力が許せば、加工できる範囲は広い。
ただし、この上(頭の天辺側)と下(ハウジング側)の構造があまり良くないので、
ここだけ加工したところでネタ以外にはあまり使えないかな。と。
少なくても、10万も15万もするようなヘッドホンに、
電線片出しで使うようなヘッドバンドではないと私は思う。
(両出しなら、バンド内に電線が通らないからまだいい。)