So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-02-26 [にっき]

適当なブリスターパッケージの透明部分を切って、MMCXのスペーサーを制作。
20170226_1.JPG

どうせ隠れるからきれいな円にする必要はない。ハサミで適当に切った。
これでコネクタが傾きにくくなるので、接触不良は減るかと。
ただし、コネクタをかなり押し込まないとはまらなくなる。
ちゃんとはまっていない状態だと簡単に外れる。
柔らかい材料…たとえばゴムシートのようなものを使えば
その心配は減るけれど、コネクタが回転するメリットは減りそう。

私はイヤホン・ヘッドホンでMMCXコネクタ使うのは嫌いだから
積極的に買うことはなかったのだけど、くるくるまわるから便利っちゃ便利よね。
しかし、これを選ぶ理由はいまでも見つからない。耐久性と接触に問題がありすぎて。


この手のコネクタを使用するメリットとしてあげられることの多い、
「ケーブルが着脱式だとケーブル交換できるし元にも戻せる」というのは、私は同意しかねる。
ハウジング開ければだいたいなんでも交換できるし、
元に戻せるかはあまり考慮しなくていいのではないかと。
(戻すならはじめからやらなければいいorもう一台買えばいい)
ネックになるのは保証だけかな。
だけど、着脱式でも純正以外のコネクタを刺した時点で本来は保証対象外になるはず。
確認が難しいから問題にならないだけで、何を刺しても良いわけではないと思う。

―――

某半導体メーカーに連れていってもらえるとかいう話があった気が
するのだけど、あれはどうなったのでしょうか。>某所

私、結構楽しみにしていたのに。

―――

秋月で売っている1608のチップのセラミックコンデンサ、
小さい容量のものの温度特性はCHらしく。(大きいのは調べてないから知らない)
CHは高誘電体では「ない」し、補償用に問題なく使えそうだ。
先日秋葉原に行った時に、とりあえず1パッケージ40個は買ってみたけれど、
あとから調べたらとても良さげなので大正解だった。
それにしても、雨の日に秋葉原に行くと紙袋がシナシナになって良くない。
(実際は到着後に降られて、帰りにやんだ最悪のパターン。)

PCBへの実装係は確保できても、遊ぶなら部品探しと設計はしなきゃいけないから、
たまに部品屋を見たりデータシート見たりはしているヨ。

―――

二度とタカチのカスタム製品の窓口には問い合わせない。

―――

Podea-01というレーザー加工機が結構良いなぁと思ったのだけど、透明アクリルは
掘り込みも入れられないっぽいのとdxfファイルに対応してないっぽいらしく。
デザインや対応ファイル見ると、どちらかというとクリエイター向けかな?

この機種は全部揃っているしサポートも日本語でとても良いと思う。
しかし、中華系に行けばいいかな?と思ってしまう部分もあって惜しい。


こんな感じで、安いNCフライスもあればいいのに。
Z軸がいるのと、エンドミル用にパワーのあるモーターがいるのと、
全体の剛性が必要だけど、フライス自体は中華系で安く売っているからなぁ。

―――

エンジニアの求人だと「やりがいがあります」「アットホームな職場です」は
地雷だから釣られる人は少ないと思う。
だけど、「設計から量産まで関われます」に釣られる人は結構いそうだなぁ。と。

今の時代、小物のプロトタイピングなら個人でもできるから、量産以外の部分は
金と時間があれば趣味としてもやれるのに、なんでそれを売り文句にできるの?と思う。
ろくに権限もないのに全部に関われる(見れる)と、悩みだけ増える。
それなら自分のセクション以外は見なくて済むほうが楽でいい。
今の日本で主流なやり方では、可能であれば何の製品にかかわったかも知りたくないね。

…もしかして、自分で何もできない人がそういう求人に行くのかな?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。