So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-11-25 [工作]

メモ

・プリアンプのインスツルメンテーションアンプらしきもの一段目(ただし+1倍)

電流雑音:1.6pA/√Hz(typ)
入力端子からICの入力までに入っている抵抗が2kΩだから、

1.6×10^(-12)×2000=3.2nV/√Hz
ICの電圧雑音:2.7nV/√Hz(typ)
あわせて約1.2uV (BW:80kHz)

一部、余計な抵抗が入っているので、それをはずして抵抗値を落としたほうがより良い。


・二段目はたぶん約1uV(BW:80kHz)。


・メインの増幅器部分(+2倍)

電圧雑音:8nV/√Hz(typ)
利得が+2倍
電流雑音はほとんど無視できる値・バッファの雑音も無視できるので約4.5uV(BW:80kHz)


前の回路の雑音は小さくしてておかないと、後ろの増幅器で
増幅されて大変なことになるけれど、これくらいなら割と良いほうなのではないかと。
実測値は10uVを軽く切る(BW:400Hz-80kHz)。環境と電圧計の制約で細かい値は不明。

※抵抗の熱雑音はすべて無視している。
 バイアス抵抗以外はほとんど1kΩ以下なので、とりあえずは…。
※ICのオペアンプはホワイトノイズが出るだの音が詰まるだの言う人がいるけれど、
 今のところその根拠が見つからないデス。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。