So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-11-06 [修理・分解]

PCのディスプレイ(ProLite E2208HDS)を開けた。

本体外側はねじ数本と樹脂部品が爪ではまっているだけなので爪を
ヘラでこじるのだけど、ちょうどいいものがなかったので金属の定規でこじった。
ああ…精度落ちそう……。


20161105_1.jpg
20161105_2.jpg

これが電源などが載っている基板の表と裏。
目視では、妊娠・お漏らししている電解は見つからない。
やることがなくなったので、電解コンデンサの容量と耐圧をメモしておいた。
ひとつ、耐圧も容量も書いてなかったものがあったのは謎。
はんだのクラックは確認し忘れた。挙動的に、クラックではないような気がするけども。

基板はこれのほかに、DVIとD-Subの入力端子部分に小さな基板と、
スイッチがついている基板があるだけ。
とてもシンプルだ。


20161105_3.jpg

これはディスプレイ裏(と、基板が付いているフレームと基板)。
固定するねじが一本もない。とてもシンプル…シンプルすぎないかこれ。

画面と基板が付いているフレームは、樹脂でできたボディの内側に挟まっているだけで、
お互いは固定されていない。アルミテープは貼ってあったけれど、こんなものは気休め。
基板の付いているフレームとボディ(後ろ側)の間には下のほうに
ねじが2本ついていた気がするけれど、これもあまり意味はないと思う。


20161105_4.jpg

モニターアーム取り付け部分も、ケースについているだけ。


全体的に、ずいぶんコストカットしている感じに見える。
合理的だとは思うけれど、基本的に使い捨てか。
ほとんどねじでとまっていない構造のおかげで、落としても樹脂部分が
歪む・割れるだけで、中身が損傷しないというメリットはあるかもしれない。
(勢いよく落としたら液晶が割れるけど。)
ただ、振動する部品があるので、ちゃんと固定しないと音が…。

最近の使い捨て系電子機器は、可能な限りコストカットして値段を下げるのが
ひとつの正解だと思っている私としては、そんなに嫌な印象は受けない中身だった。
ただ、ばらすのがちょっと面倒だったのと、組み立て時にフレキケーブルみたいなやつを
一本つなぎ忘れて、電源入らず・電源インジケータ点灯せずになって焦った。
入出力がまとまってない機器を開けると、よくこういうことになる。

―――

もしかして:調子悪いのはディスプレイではなくPCのグラフィック出力?

そうだとしたら、ディスプレイのボディに無意味な傷をつけただけになってしまう。
というか、代わりのディスプレイもないのによくばらしたなぁと自分で思う。

PCも開けてみたけれど、思ったより汚れていなかった。
換気扇につかうようなフィルタを吸気部に貼り付けているからか、
大きな埃はほぼない。ただ、吸気抵抗は増えているかもしれない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。