So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017-02-20 [修理・分解]

・やりたいこと:HFI-680のバッフル・ドライバの振動をできるだけ抑えたい

1.余興
HFI-680のドライバ取り付けにもともと使われている接着剤は
かなり柔らかいゴム系のようなものなので、上からエポキシ接着剤を…。
(これは電線も変わっている)
20170220_1.JPG

ねじが貫通している部分は、このようにしてほしい。
20170220_2.jpg

これだけでバッフル取り付け部の剛性が大きく上がると思うのだけど。
私はここにぴったりあう樹脂を切り出す気力も自信もないので、
エポキシでごまかした。(順序としてはこっちが先。)
エポキシ接着剤もそんなにかたくないから、気休め程度。

あと、空気が流れる部分(上の写真では紙が見えている部分など)は、
金型が許す限り面取りしたほうがいいような。
90度で曲げたままだと、たぶん穴の有効断面積が減る。
そこまで織り込んで設計しているならいいけど。


2.メイン
20170220_3.JPG

ハウジングに樹脂片を貼り付け。ハウジングの深さとドライバの高さを測って、突っ張りの
樹脂片は削って長さを合わせたから、ドライバの背中にちゃんと当たっているはず。
突っ張りのほうを少しだけ長くしてある。
ちなみにこれは、以前別の用途に使おうと思って買った
内径6mm・外径8mmのアクリルパイプだったはず。
ちょっと薄いのと、パイプ状なのが気になるけれど、まあいい。

真ん中ちょっと下よりに配置したのは、ハウジング中央が
少し出っ張っているため。これがあるので、ドライバの真後ろにはならなかった。
(ドライバはもっと下に固定されている。)


3.感想
完全硬化はまだ先だけど(ハウジングに貼ったつっぱりは
初期硬化すらしてない状態で閉じたけど)、とりあえず音を確認。

まあ、当然違うわな。それも、私の耳と感性では激変レベルで。
5分硬化型の2液エポキシを4回練った労力以上のものはあった。
ずっと聞いていると、接着剤がかたくなってくるので微妙に音が変わってくるのが何とも。
(これは割と初期で収まる気がする。あとは完全硬化まで待ち。)


ヘッドホンの振動板は軽いけれど、音が出るときはそれなりの加速度があるし、
空気も動かすから、マグネットなどにかかる力は割と大きいと思う。
それをしっかり受け止めるためには、それなりの剛性がいるはずなのだけど、
ヘッドホンは想像以上にバッフルが弱いものが多いような。
剛性がないとマグネットが振動板と逆方向に逃げるから、
細かい音の再現性は落ちるかも?

…みたいなこと、私は機械屋さんではないからよくわからないけど、
少しでも工学や工業製品に触れたことのある人はみんなこういうの考えていると思っている。
いや、絶対そんなことないのはわかっているんだ。そうだと良いなという願望。


ところでこういうの、公開せずに改造事業でお小遣い稼ぐこともできるよねぇ…。
だけど、他人の褌で相撲とってもなぁと思うし、本来こういうことはメーカーが
詰めていかないとダメな部分だから、私は自分のしかやらない。
ちゃんとしたお仕事として、メーカーでやるなら別だけども。。。

2017-02-19 [にっき]

昨日は祖母の命日でして。

私には長すぎた。

―――

Elecrowの4層基板、いつから内層も35umになったのだろう。
前に注文した時は17umだか18umだったと思うのだけども。

あと、送料が安くなっている気がする。
2ozが発注可能になっているのと、かなり怪しい日本語で
表示できるようになっているのは知っていた。

―――

基板がケース内でフローティングしているなどと宣伝しているポータブルヘッドホンアンプを
試聴した時に、ケースを置いたり持ち上げたりしてみた。

…音、(私の耳では)変わるように聞こえるけどねぇ。
それが悪いという気はないし、そういうのは過去にも触れているけれど、
基板をばね上の構造物で浮かせるメリットがいまいちわからない。
しかも入出力ジャックがケースから突き出しているから、可動範囲は制限されているわけで。
低いテンションでばねが押し付けられているだけで、そこにフローティングというメリットはあまりないように思う。
(ただし、音を調整したいということなら意味はあるかもしれない。)

それよりも基板とケースの剛性を任意の方向に持っていくほうが、
少ない労力で最大の結果が得られそうな気がするけれども。
特定の個所の剛性を落とす+ねじどめ個所を増やす(省略

2017-02-15 [にっき]

ずいぶん前に貼ったこれを読み返して、やっぱり水野さん好きだなぁと思う。
20151012-1.JPG
20151012-2.JPG
20151012-3.JPG
20151012-4.JPG

こういうおっさんって、もうほとんどいないよねぇ…。

―――

東芝がとても面白い身の振り方をしてきて、
「やっぱり日本の工業はもうダメじゃん」と改めて思う。

あの東芝が原発の新規建設に関しては後ろ向きな姿勢を示したあたり、
本気で手遅れなんだろうなぁ。それにしたって、医療機器部門を売って、
今度はメモリー部門も手放すって、いよいよ手遅れだぞい。

2017-02-14 [工作]

・どうしても調整しなければならないものがあったので

幸せの黄色いPCB♪ ……にはならなかったか、私にとっては。
20170213_1.JPG
上:出力50mV/DIV 下:入力50mV/DIV 2us/DIV

波形や(一般的に測定する)数字でわかるのはその増幅「器」のすべてではないけれど、
最低限できていないといけないレベルというのはあると思っていて。

私は一般的に測定しない部分…たとえば矩形波で電流を引っ張ったときの電源波形を
見たりも(過去に)しているのだけど、これはデカップリングひとつで形が変わる。
測定を軽視する人は、当然こういうことまで全部やった上で
必要ないと判断しているのかな?かな?

―――

セブンイレブンのコピー機を使ってみた。データはUSBフラッシュメモリで持ち込み。
写真を白黒で印刷してみても、結構細かいところまで見えて良い感じ。

ただし紙は薄い。まあ、コピー機によくあるようなもの。

2017-02-09 [にっき]

オーディオ機器を性能より好み(音だけではなく価格等も含む)で語るのであれば、
他の意見は一切否定したらいけないと思うのよな。
それこそ、自分が好きなもの以外については何も言えなくなる。

もう関係ない業界だからどうでもいいけれども、
ダブルスタンダードな奴が多すぎてなんだかなぁとは思う。

あと、これは消費者ではなくメーカーの話なのだけど、
誰でも思いつくような製品をつくるならあなたたちではなくてもいいわけで。
それこそ、適当な人が企画~安い国で製造してもらえば終わってしまう。
(最近、こういう製品も出てきていてちょっと楽しい。)
もう少し、何とかなりませんかね。

まあ、駄目なものは駄目と言える環境とユーザーがいない文化はそのうち廃れるわな。

―――

AKの並行輸入・オク購入品についての注意
http://www.iriver.jp/information/entry_957.php

>個々の製品のバックグラウンドを掌握することが困難であることから

「なんで買った物を掌握されなきゃならないのだ!」と思うのは、
私の日本語が不自由だからかね?
この場合、「把握」のほうがあっているような気がするけど。

―――

数MHz程度の増幅器なら、特別な場合を除いてNFBの抵抗に
無誘導巻きを選ぶ必要はないのではないかと思うアレ。

黒田センセのいい感じにぶっとばしてる本だと、
NFBの抵抗は一般的なものの1/2Wを2パラだっけかな?

NFBの抵抗で音変わるけど、ねぇ。

―――

ここ一年くらいで、いろいろな携帯音楽プレーヤーを聞いたのだけど、
どれもお客さんのほうを向いていないor本質が忘れ去られている感じが強くて残念。

いったい何をする道具で、どういうお客さんに買って・使ってほしいのかが全然わからない。
音楽を聴く道具なのであれば、まずそれがストレスなく実現できるようにしないと。
大きさや重さの制約があるから、音が良いものは難しいかもしれないけれど、
ソフトが重たいとか、何がどこにあるかわかりにくいなんてのは、本当に何がしたいのか。
せっかく直観的に操作できるタッチパネルを採用しているのに、その意味すらなくなる。
だったら小さめのディスプレイとハードキーのが良いんじゃない?
一般的にこちらのほうが電池もつし。

全体的に「それぞれのセクションがばらばらに作られている」というのも強く感じる。
部署間の連携が取れていないというか。
ついでに、総じてアナログ回路が弱い印象を受けるのもつらい。


以下、ものすごく簡単に具体的な感想。
借りたもの、店頭でちょっと聞いたものごちゃ混ぜ。

銅のAK380+銅の専用アンプは、とにかく重いし持ちにくい。
ソフトウェアも、タッチパネルである必要性をあまり感じない。
ただし、それぞれのボタン(表示)が大きいのは良い。
音は、値段が値段なだけに、「え?なんで?」と思った。
あと、4極のプラグでバランス駆動はケース(一般的にはGND)と
プラグの根元の電極が短絡する可能性があるから、私なら絶対にやらない。
ただし、純正のプラグはこの部分が樹脂になっており、対策されていたはず。
なんにしても2.5mm4極は機械的な強度が低すぎると思うけど。

AK70は、ディスプレイ点灯時と消灯時の音の差がえらく大きいような。
音楽再生用の機器でこれは、割と致命的な気がする。
(この症状自体は別の携帯音楽プレーヤーでも起こる。)

NW-WM1AとNW-WM1Zは、差のほとんどが部品チューンなのか、
どこかを良くしようとすれば別のところが犠牲になり…に思った。
あれなら、1Zの中身にアルミ鍛造のボディ組み合わせるくらいがちょうどいいかもね。
削りだしより鍛造のほうが一般的に丈夫になるので。
ソフトはぬるぬる動かそうとして失敗しているのと、とにかく無駄な機能が多いような。
たとえば、曲再生画面からすぐにイコライザに飛べる必要あるか?とか。
そういうのは従来通り、設定からいじれれば十分かと。
ソニーはまた重たいソフトを作る過ちをくりかえしているけれど、
なぜAndroidでも軽かったF880あたりを見直せないのだろう。
アンバランス出力とバランス出力でどうみてもコイルの大きさが違うので、
私はコイルが小さいほうで聞いた。4.4mm5極プラグは秋葉原で流通してるから、
ケーブル作ろうと思えばいつでも作れてバランス出力でも聞けるのだけども。

XDP-300Rも、ソフトの出来がいまいち。システムクロックもDA変換用のクロックも
同じ箱に入っているのにロックアジャスト機能がついているのも謎だし。
また、この機能は設定から簡単にいじれるようになっているのに、
もっといじる機会が多いであろう出力端子切り替えは少しわかりにくいところにある。
なんだか中途半端な感じ。

あとなに聞いたっけか。AR-M2あたりかな?

―――

・やってもやらなくても結果の変わらないものはやるだけ無駄。
・評価されないことが確定しているものは、アウトにならないギリギリまでやればいい。

こういうのは駄目だと思うのだけど、そういう環境にいた時間が長すぎてちょっとなぁ。



終わり。

2017-01-30 [にっき]

昔撮った写真が何枚か出てきたので、とりあえず2枚貼っておこう。
20170130_1.JPG

20170130_2.JPG
変なところに挟んでしまい、VVFや圧着端子を切って外そうとするも
うまくいかず、最後は力ずくで閉じてラッチ外した記憶…。
(たしか、どこかにマイナスドライバー突っ込むと閉じなくても開けられた気がするけど。)
ちなみにこれやらかしたのが、技能試験前日の夜。
これのおかげで、私の中の圧着端子に対する信頼性は極めて高くなった。
ペンチで導体つかんで思いっきり引っ張っても全く抜けないんだもの。

―――

http://www.doujinshi-print.com/

適当なファイル作って試してこようかね。
jpeg連番もしくはすべて連結したpdfファイルを冊子印刷モードで印刷すると、
勝手に良い感じの順番になるっぽいのは割と便利だと思う。

これで、図+文章印刷もすごく楽になる。
コンビニ印刷ならインクの残量を気にする必要はないし、図や写真が入れ放題だ。
灰色も出せるし、特に困ることはなさそう。
ただし、紙の質はわからない。妙に軽いコピー用紙あるからなぁ。

―――

私は展示会などで、携帯する機器の電池の持ち時間はどうやって決めたのか?を
メーカーの人に問うことが多いのだけど、なぜかまともな回答が返ってくることは少ない。

たとえば、最近の電池がもたない携帯音楽プレーヤーやポータブルヘッドホンアンプね。
「電池x時間しか持たないらしいけれど、これはどうやって決めたんです?」みたいな
質問を投げる。答えに困っていたら「たとえば通勤・通学で片道1時間として何日分とか…」と
いう感じで助け船を出すのだけど、それでもまともな理由が述べられることは少ない。
それどころか、この助け船をそのままパクって自社へのインタビューで
使ったメーカーさんもあった。もうさ、私を企画や広報として雇ったほうがいいんじゃない?

これが決まっていないということは、何となくつくれるものをつくって売り出しているわけで。
そんなものが長期的に見て売れるわけがない。(うまく宣伝すればしばらくは売れるとは思う)
そんなのニーズに合ってない可能性のほうが高いでしょ?
もしニーズにあっていたとしても、そんなつくりかたは他社も簡単に
できてしまうわけで、お客さんのことも、長期的な利益も考えてないなぁと思ってしまう。

―――

\雑誌を祖母の墓前においてきたらもうどうでもよくなった/

今年は珍しく1月中に一度も工具を使っていない。もういい。
(ドライバーはちょっと触ったけれど、そんなのは使った内に入らない。)

少しだけ電子部品を見よう・買おうと思って秋葉原も行ったのだけど、
全く買う気にならなかった。で、ぜんぜん違うもの家電量販店で見てきたとかもうね。

―――

メーカー勤務の言語屋にわかったような事を
言われて、さすがに私もキレそうになったりね、もうね。

あなたにフリーのプログラマを馬鹿にできる権利も、
物理屋や電子回路屋を対等に見る権利もないヨ。と。
まあ、言わなかったけれども。

―――

私はHAKKO937使っていたでしょー。

とても良いはんだごてなのだけど、あの時にこれを買わずに
酒飲むかIntuosでも買っていたら良かったなぁと思ってしまう。

結果が出ても不当に低い評価をされることが多かった分野を
続ける理由なんて見つからない。そんなことされ続けれていれば、性格も捻くれるしな。

2017-01-11 [にっき]

トランジスタ技術2017年2月号p137からp142のこれ。
20170111_2.JPG

同じ型番のコンデンサなのに違う防爆弁のが混ざっているし。

最終段があまりメジャーなトランジスタではないのは個人的に
思い入れがある品種だからとか、記念に書いたからだとか、そんなの知らないし。
実験中にケースへの取り付け不良(ねじを締めてなかった)で
ひとつ焼いて、他の回路から追加で剥いできているし。
コイルが申し訳程度に90度違う向きになっているけどダサいし。

写っていない右側の基板のDCサーボ用オペアンプは白文字のOPA2134だし。
記事中に、ヘッドホンを駆動する用なら電流増幅段は2段で
良いみたいなこと書いてあるけれど、可能であれば3段のほうが良いし。


というわけで、何か(文句とかが)あれば、左にあるメールアドレスまでどうぞ。
攻撃的な内容の人は、その理由と名前と電話番号くらいは書いてね、
出版社に紹介できないからね。内容についてではなく、「お前そこ代われ」みたいなのは
私に送ってきても「私より優秀な人がたくさんいるのは知ってるから」としか返せない。

そうそう、雑誌は娯楽用の読み物であって技術書ではないから、
書いてあることがすべて事実とは限らない。大人の事情はたくさんある。
MOSFETをこういう使い方するのは、現時点だとあまりメリットないと思(省略。

2017-01-07 [にっき]

※1/8に追記。
 まだ読み切っていないので何かあればまた書き足す。


さっきトラ技2017年2月号をフライング閲覧する機会があったのでざっと読んでいたら、
p137からp142と、p143からp153までが両方とも電流帰還アンプの話だった。珍しい。
※10日が発売日で、1/9が祝日・1/8が日曜日なので、
 そろそろ一般的なルートでも買えると思う。


p137からの
・連載 トップ・エンジニア養成コーナ 最新アナログICの要!CMOSトランジスタ技術入門6

ではアンプそのものの解説がほとんどないから、それを次の
・先輩に追いつけ!アナログ電子回路セミナ オーディオ職人の挑戦!ディスクリート回路を
 作って電圧帰還形と実験比較 150V/usの高速追従!もう一つの増幅回路「電流帰還型」

が補っている感じで、とても良いと思う。
どちらの記事もちょいちょい気になる記述もあるけれど、雑誌だからセーフかな。

ところで、先輩に追いつけryを書いた人は、おっさんなのだろうか。
この見出しだと、若い人ではないような印象を受ける。
もう少しスタイリッシュ!な見出しにならなかったのかね。などと、
内容と関係ないところを疑問に思う。
トップ・エンジニアryを書いた人は、20代の無職らしい。エンジニアとはいったい…。

それにしても、この150V/usというのはどこからきた数字なのだろう。
パラパラっと読んだ感じだと、実測は60数V/usと書いてあったような気がするけど。
ちなみに、MOSのほうの記事に出てくるアンプは60V/us程度と数字を
丸められているだけで、波形を見ると60V/us以上出てるように見える。
全然違うふたつの記事でほとんど同じ値というのも珍しい。

先輩にryは、電圧帰還型のほうが遅いという結論っぽいか。
初段のgmが大きいとスルーレートを高くするのはきついとは思うけれど、
そのあたりの解説があるかはちゃんと読んでいないので知らない。
MOSの結論は、「用途によってはいまいち」みたいなことが書いてあって、
一応技術雑誌なだけあるな。と思う。
今回は借りるのではなく一冊買ってくるか…。


ただ、このふたつの記事、回路図をみると明らかに宗派は違う。
たとえば、どちらもオペアンプを使ったDCサーボを反転入力端子へつないでいるけれど、
一方はオペアンプ1回路分で完結、もう一方はオペアンプが2回路いる形だ。
(一応)発売日より前にあまり詳しく書くのは憚られるので抽象的に書くと、
先輩にryのほうからは黒田センセの流れをほとんど感じない。


時間切れ。とりあえず公開。(ここまでは1/7に書いた。)

――

ここから追記。(1/8に書いた。)

どうしても気になったデータがあったので、一点だけ載せておく。
20170118_1.JPG

p145 残留雑音電圧の項目。
表だと、CFBの雑音は16uV(A補正)とある。
その下のグラフでは、0.1W出力(たぶん8オーム)で0.02%ちょっと。

8オーム0.1Wだと流れる電流は√(0.1/8)で0.11Aくらいだから、電圧は0.89V。(0.9Vとする)
グラフから、このときのTHD+Nは0.02%ちょい。(0.02%とする)
この辺は右下がりのグラフだから雑音が支配的な領域で、0.9Vの0.02%は
0.00018Vなので、雑音電圧は180uVなのでなかろうかと思う。
縦軸が一桁間違っているのか?

27dB(22.4倍)で16uV、A補正時の帯域幅を14kHzくらいとすると、
入力換算で6nV/√Hzくらいになるような気がするので、事実ならなかなか良い。
NE5532の雑音電圧が5nV/√Hzだかんね。

電圧帰還のほうは、ちょっとよくわからない。(一通り計算はしてみた。)
一桁ずれていていても合わない気がするし。

あと、スルーレートに対する記述もちょっと気になる部分がある。
波形の形の違いは、帯域幅が制限されている理由がスルーレートか
f特かの違いじゃないのかな…。詳しく読んでないからわからないけれども。



MOSのほうにまだツッコミ入れてないので、もう一度くらい追記するでしょう。

2017-01-06 [工作]

眠い→寝付けない で、ろくに考えてない回路を投げておく回。


20170105_1hogo.jpg

アンプに入力する信号と出力される信号を比較して出力の短絡を検出できないかと
思ったのだけど、位相差があるし同じ速さで立ち上がるわけではないからこのままだと……。

2017-01-06 [工作]

好きな閾値のDCで保護回路に割り込みかけるための回路を。(未試作)

20170104_1保護.jpg

トランジスタのベースエミッタ間電圧を閾値に使う一般的なものだと0.6V以下にしにくいし、
真面目にディスクリートで組むのも面倒なので、これくらいかなぁ。と。
私の最後につくったアンプだと、右側はフォトカプラを使わずトランジスタをスイッチとして
直結できるのだけど、そのあたりは用途に合わせて適当に。

ただこれ、入力が閾値を超えたら動作するので、LPFで十分に減衰させられない周波数の
大振幅信号がくると動作する可能性がある。……どんなフィルタでもそれは同じか。
(ちなみに、私が組むならプリで閾値正負0.1V・カットオフ周波数0.16Hzくらいにする)

まあ、プリアンプは出力にカップリングコンデンサを入れる場合が多いし、
これが必要なのはヘッドホンアンプくらいかな。
パワーアンプなら閾値が0.6V以上でも特に困らないし、
こんな形にしたらICの耐圧が問題になる場面が増えそう。
前の10件 | -